小島よしおが体を張って算数を教える『おっぱっぴー小学校』が分かりやすいと話題に!

全国的に休校が続き、子どもたちは家庭での学習時間が増加。学校と違い、なかなか勉強に集中できないという子も多いのではないでしょうか。

そんな子どもたちのために立ち上がったのが、お笑い芸人の小島よしおさんです!

なんとお馴染みのギャグを絡めた『おっぱっぴー小学校』を開校し、動画で算数を教えてくれています。

体を張って授業にチャレンジ!

小島さんといえば、海パン一丁の姿で拳を振り下ろすギャグ「でも、そんなの関係ねぇ!」で一躍ブレイク。キャラクターのインパクトが抜群であると同時に、早稲田大学教育学部出身でもあります。

しかし教員免許は持っておらず、動画の中では早速「でも、そんなの関係ねぇ!」を炸裂させます(笑)


出典:YouTube

ちなみに『おっぱっぴー小学校』の授業は進学個別桜学舎の監修とのことなので、安心して受けることができます。

そして動画で教えているのは算数で、小学4年〜6年生で習う「小数」や「体積」など既にいくつかの動画を公開されています。


出典:YouTube

体を張ったレクチャーは小島さんならではですね。


出典:YouTube

こちらは小数を教えるために、1本のごぼうを10個に切って説明。「このうちの1個が0.1。これが少数」と伝えています。実にシンプルで分かりやすいです。


出典:YouTube

基本的なことを教えた後は小テストタイムも。


出典:YouTube

小テストでも、絵を黒板に貼りながら視覚的に分かりやすく教えてくれます。


出典:YouTube

今の小学生は、リアルタイムでの小島さんを知らないという子どもも多いと思いますが、時折ギャグを織り交ぜながら、海パン一丁で展開する授業には釘付けになるのではないでしょうか(笑)

算数嫌いの息子が見てました

算数が嫌いな子、苦手な子は今も昔も多いですよね。そんなお子さんでも、小島さんの授業は楽しんでいたという声などがネットに寄せられていました。

・俺が小学生の時にこれがあれば。 
 
・算数嫌いの息子が、ニヤニヤして突っ込み入れながら見てました。 
 
・体を黒板として扱ってるのさすがだなあって感じ、印象に残るもんなあ。 
 
・わかりやすすぎる・・・家庭教師なってほしいわぁ。

新型コロナウイルスが終息する時期もまだまだ不透明です。この機会に、ぜひ小島さんの算数の授業を受けてみてはいかがでしょうか!?

小島よしおのおっぱっぴーチャンネルはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(おっぱっぴー小学校開校!海パン先生爆誕!)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事