キリンの鳴き声を聞いたことある?その声はあの動物とそっくりだった!

みなさんはキリンの鳴き声を聞いたことがありますか?なかなかあの姿からどのような声が出るのかというのは、想像できないですよね。

では、どんな鳴き声かというと、みんな知っているあの動物にそっくりな声をしているんですよ!

今回はキリンの鳴き声について、生態も説明しつつご紹介します!

キリンはこんな動物

キリンはとても長い首と脚を持つ哺乳類の草食動物です。まずはキリンがどんな動物なのかを見ていきましょう!

キリンの生態

キリンは世界で最も背が高い哺乳類としても知られていて、その体長は約4m~6mにもなります。

とっても大きな動物なこともあって、その体重は約800kg~1,300kgにもなります。

この巨体にも関わらず短距離なら時速50km~60kmほどの速度で走れるので、意外にも足が速い動物だったりします。

また、長距離でも時速16kmほどをキープできるなど、過酷な自然環境で生きるために進化したタフな身体を持っています。

キリンは普段群れを作り、主にアカシアの木を好んで食べて生活しているのが特徴ですが、そこは食べ物も限られた大自然、キリンは他にも60種類にも及ぶ植物を食べてしまいます。

しかも植物からたくさんの水分を確保しているので、普段はあまり水を飲まなくても生きていくことができるそうです。

稀にミネラル補給のために土や骨を舐める姿が確認されるなど、面白い生態を持つ動物でもあります。

寿命は野生で10年~15年ほど、飼育下では20年~30年ほどと意外と長生きなのも特徴です。

キリンの生息地

キリンはどこにいるのかというと、主にアフリカのサバンナなどに生息しています。

サハラ砂漠よりも南のアフリカ、特に乾燥した草原地帯などでも見られることが多いです。

ただ、アフリカ南部のどこにでもいるのかというとそうではなく、分布は連続していません。様々な地域に点在しています。

キリンの鳴き声を聞いてみよう

ここからがこの記事の本題となります。キリンはどのような鳴き声をしているのでしょうか?

みなさん知っている、あの動物の鳴き声にとってもそっくりなのですが・・・みなさん何の動物かわかりますか?

東山動植物園の公式YouTubeチャンネルにキリンの鳴き声を捉えた動画を公開しています。まずは、どのような鳴き声なのか予測しながら一度聞いてみてください。

動画はこちら

いかがでしたか?「ボエー」と聞こえた人もいれば、「モー」と聞こえた人もいるかもしれません。

そう、キリンの鳴き声は牛にそっくりなのです!

もう一度聞いてみて、牛の鳴き声にそっくりなことを確認してみましょう。

他にもあるキリンのビックリな秘密

実はキリンにはまだまだ解明されていないことが多く、新たに発見される新事実も多々あります。

ここからご紹介するのは、その中でもキリンの意外な事実として知られているものです。ぜひ、併せてチェックしてみましょう!

キリンはあまり寝ない?

実はほとんど眠りません。超ショートスリーパーで1日平均20分しか眠らないといわれています。

その理由は睡眠よりも食事を大切にしているためだと考えられています。

キリンの大きな体を動かすためには、1日平均60kg~70kgほどの植物を食べなくてはなりません。

飼育下のキリンが食べている果物の重さを含めても、数十kgの食事をするのは大変ですよね。野生となれば、さらに睡眠を削って食べ続けなくてはなりません。

また、キリンがあまり眠らないのは肉食動物から無防備な状態で狙われるのを避けるためでもあるといわれています。

野生のキリンは常にライオンやチーターなどの肉食動物に狙われているわけです。おちおち眠っていたら・・・ガブリッ!とされてしまいますからね。

キリンの角は実は5本!

キリンの角は2本のように見えますが、実はオシコーンと呼ばれる角が5本あります。その内訳は頭頂部に2本、後頭部に2本、おでこに1本です。

ただ、オシコーンの使い道は特にないと考えられていて、実際に使っているところを見られた記録もありません。

そのことから、これらは退化した角ではないかと考えられています。

キリンの舌は黒い

キリンは他の動物のようにピンクの舌ではなく、黒の舌を持っています。

これは毎日20時間以上も舌を使って食事をしているため、日焼けしてしまったことが原因のようです。

起きている時間のほとんどは食事をしているため、アフリカの炎天下で常に日焼けしているような状態です。そのことから黒くなってしまうと考えられています。

キリン同士のケンカの時はアレを使う

キリンは縄張り争いなどで喧嘩する場合、角ではなく首をぶつけて喧嘩します。

これはネッキングと呼ばれるもので、その音はかなり遠くからでも聞こえるほど大迫力なのだとか。

キリンはペットにできる

意外かもしれませんが、キリンはペットとして飼えます。

「それは海外の話でしょ?」と思うかもしれませんが、正式な手順を踏めば日本でもペットとして飼うことができるようです。

一見すると希少生物のように思えるキリンですが、実はワシントン条約での国際取引規制対象に含まれていません。つまり、国際的に自由に売買して飼育して良い動物です。

ただし、日本では動物愛護管理法という法律があり、キリンは特定動物に指定されているため、無許可で飼うことはできません。

特定動物というのは人間の生命や財産に危害を加える恐れがある動物のことで、日本ではそちらにキリンが指定されています。

もし飼育したいということなら、都道府県知事の許可を得る必要があるので、そこは注意しなくてはなりませんね。

ただ、飼えないわけではないため、お金がある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?(笑)

簡単に言えば「特定動物は飼育しても良いけれど、ちゃんと自治体に許可を取ってね」ということなので、チャンスはありますよ!

まとめ

キリンは不思議な生態もまだまだ多く、特に鳴き声は牛にそっくりです。

動物園でも稀に鳴き声を確認することができるので、興味がある方は動物園で実際に確認してみてはいかがでしょうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(【東山動植物園公式】キリンの鳴き声)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事