声優の大塚明夫がゆる~くソロキャンプをする動画が話題に!「渋い声に癒される」

外へ出かけることもできず、ストレスのたまる日々・・・。気が晴れずに、心がギスギスしてしまいがちという方も多いのではないでしょうか。

そんな方へオススメしたいのが、ナレーター・声優でお馴染みの大塚明夫さんがゆる~くソロキャンプをしている動画

焚き火の映像と渋く落ち着いた声の組み合わせは癒し効果抜群です!

『ゆるキャン△』シリーズの新番組

大塚さんといえば、TVアニメ『ゆるキャン△』でナレーションを務めたことでもお馴染み。同アニメは近年のキャンプブームを加熱させる要因ともなるなど、大ヒットしました。

そんな『ゆるキャン△』シリーズの新番組としてYouTubeに公開されたのが、『あきキャン△』。大塚さんがソロキャンプに挑戦する様子を紹介しています。


出典:YouTube

同作は既に第3話まで公開。第1話では、「ゆるキャン△」の登場キャラクターである志摩リンが乗っているヤマハ「ビーノ」に大塚さんが試乗。第2話と第3話では、テントを設営したり肉を焼いたりといったソロキャンプに挑戦しています。

こちらは第1話の冒頭。バイクに乗ってワイルドに登場する大塚さん。キマってますね!


出典:YouTube

広大な自然の風景をバックに、落ち着いた渋い声で語る大塚さん。この時点で癒されます。


出典:YouTube

そしてビーノに乗る姿。乗った後に原付バイクの良さも語っています。


出典:YouTube

ソロキャンプに挑戦

キャンプの地に選んだのは、富士五湖のひとつである本栖湖の湖畔にあり、「ゆるキャン△」の第1話に登場した聖地としても知られる山梨県の「浩庵キャンプ場」です。

焚き火のために松ぼっくりを集めるところからスタートし、テントを張ったり、コーヒーで一息ついたり、ソロキャンプの様子が淡々と流れます。


出典:YouTube

焚き火を見ているだけでも癒されますが、そこに大塚さんの渋い声がハーモニーとなって最高の癒しを提供してくれます。


出典:YouTube

いつ聴いてもいい声ですね!

『あきキャン△』の視聴者からは、「いつ聴いてもいい声ですね!」と改めて大塚さんの声を称賛する声のほか、「待たせたな」のセリフを期待してしまう声などが寄せられていました。

・いつ聴いてもいい声ですね!お姿も渋くてカッコいい! 
 
・60歳、それでいて180cmの高身長で声もよく渋い。最強のおっさんだな。 
 
・出だしがもうメタルギア5やんけ。 
 
・バイクから降りたときの「待たせたな」を期待してしまう。 
 
・「煙が目にしみるぜ」かっこよすぎ。

普通にキャンプをしてだけなのに、こんなに渋くてカッコイイのは大塚さんならではです。

観ているだけで本当に癒されますし、今後の作品にも期待したいですね!

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(「あきキャン△」第1話) / YouTube(「あきキャン△」第2話) / YouTube(「あきキャン△」第3話)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事