モダンアートだ(笑) 壁に穴を開けると作品にされるという斬新な家庭のルールが話題

イライラして物に当たってしまったという経験は、子どもの頃によくある話ですよね。そして大抵、その結末は”親からこっぴどく怒られた”というもの。

しかしTwitterユーザーの@haruk__27さんの家ではイラついて壁に穴を開けると、その穴が親御さんによってまさかの作品にされてしまうようです。

親御さんの発想がすごい!

「我が家ではイラついて壁に穴を開けると作品にされます」と、@haruk__27さんが投稿した2枚の写真をご覧ください。

壁の穴にぬいぐるみが!

こちらは額縁に入れられ、ピタゴラスの名言とともに展示されています(笑)

イラつきから開けられた穴が、完全にモダンアート作品になっていますね!親御さんの斬新すぎる発想に吹き出してしまいました。

しかし、普通だったら口頭でガツンと怒ってしまう場面を笑いに変換するというという親御さんのこの行動に、「あぁ、悪いことしたな・・・」と申し訳なさや物に当たってしまった自分の行動を自然と反省してしまう力があるような気がします。

現に@haruk__27さんは、「物に当たることが当然などとは微塵も思っていません。」とした上で、普通は怒りという負の感情のまま終わってしまうことを笑いに変え、かつ戒めとして残すことで子供に反省を促した親御さんのことを誇りに思って今回エピソードを紹介されたそうです。

また、「以降兄弟3人とも深く反省し物に当たることはなくなりました。」とその効果があったことも報告しています。

子育てや教育方法は家庭によって千差万別。型にとらわれず自分たちなりに考え、愛を持ってお子さんと接している@haruk__27さんの親御さんもまたとっても素敵ですよね。

そして、しっかりと過ちを反省できるお子さんたちも素晴らしいと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@haruk__27)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事