「@」をアットマークと呼ぶのは日本だけ!?世界での呼称と何のための記号なのか解説 | FUNDO 「@」をアットマークと呼ぶのは日本だけ!?世界での呼称と何のための記号なのか解説 – FUNDO

「@」をアットマークと呼ぶのは日本だけ!?世界での呼称と何のための記号なのか解説

2020.5.30


皆さんは、「@」を何と読みますか?きっと多くの人が「アットマーク」と読むと思いますが、実はこの「アットマーク」という呼び方は日本だけなんですよ。

筆者は、世界共通言語だっと思っていたのでちょっぴり驚きました。

では、世界では「@」を何と読んでいるのでしょうか?今回は「@」について、記号の意味も含めて分かりやすく解説していきます。

「@」の用いられ方


インターネットの普及に伴い、至るところで「@」を目にします。

そんな「@」という記号は、様々な使われ方をしているのでまとめてみましょう。

単価記号として生まれた「@」


@は会計での略記として広く一般に用いられる記号で、単価(1個の価格)を表す時に使われます。

例えば、「@$100」は単価が100ドルであることを意味しており、単価100円のリンゴがあったとすると、「リンゴ@100円」と表記します。

英単語「at」と同意味で使われる「@」


英単語の「at」の略記としても@は用いられます。atと書くのが面倒な時には、@を使うわけですね。

例えば新宿で忘年会を行う時には「忘年会@新宿」という用い方です。

スラングとしても使用される「@」


@はスラングとしても使用されます。スラングとはいわゆる「俗語」のことで、仲間内で使われるくだけた言葉です。

例えば、後(あと)と@をかけて、「@3日(後3日)」「@1時間(後1時間)」などと使います。



メールアドレスに用いられるようになり身近な存在に!


@が広く知れ渡るようになったのは、メールアドレスに用いるようになったからです。

メールアドレスに@が用いられるようになったことで、@はより身近な存在になりました。

ドメインの前に打たれるようになった「@」


@は、メールアドレスの「ユーザー名」と「ドメイン名」の区切りにも使われる記号で、通常@はドメイン前に打たれます。

@マークの左側にあるのがユーザー名(アカウント名)で、名前や略称、番号などを表します。

一方、@の右側にあるのが、契約しているプロバイダー、所属する組織などを表す「ドメイン名」で、インターネット上の住所に当たります。

現在ではメールアドレスに使われる@が、一番馴染みの多い使われ方といえるでしょう。

「@」が選ばれた理由


では、なぜメールアドレスのユーザー名とドメイン名を区切るために@が使われるようになったのでしょうか?

実は@が採用された理由は、パソコンのキーボードに@がもともと配置されていたからなんです。

メールアドレスに採用される以前は、@はほとんど使われない記号でした。

それにも関わらずキーボードに配置されていた記号だったので、メールアドレスの記号として採用されたようです。

世界での「@」の呼ばれ方


日本では「@」を「アットマーク」と呼びます。ただ日本での正式名称は「単価記号」であり、アットマークは俗称になります。

また、世界では異なる呼び方をされています。どのような呼び方をされているのでしょうか?

正式名称は?


ANSI・CCITT・Unicodeによる文字コード規格では、@の正式名称は「commercial at」です。Unicodeでは「at sign」と呼ばれることもあります。

日本では会計で単価をあらわすのに使われるということから「単価記号」というのが正式名称とされています。

英語では


英語では、「at sign」あるいは「at symbol」などと呼ばれており、文章中では単に「at」と読まれます。

そのほか、@の見た目から「cyclone(サイクロン)」「snail(スネイル)」と呼ばれることもありますよ。

カタツムリの意味で呼ぶ言語


英語では@のことを、カタツムリを意味する「snail」と呼ぶことがあります。

これは@の形がカタツムリに似ていることが由来となっています。

英語の他にも、イタリア語、ウクライナ語、ベラルーシ語、韓国語でもカタツムリの意味の語で@を読んでいますので、以下に列挙しますね。

・イタリア語「chiocciola, chiocciolina」 
・ウクライナ語「равлик」 
・ベラルーシ語「слімак」 
・韓国語「골뱅이」


動物になぞらえた言語


@を動物になぞらえた言語で呼ぶ国もあります。

オランダ語、ドイツ語、ブルガリ語では、「猿」もしくは「猿の尾」の意味の語で@を読みます。

・オランダ語「apenstaartje」 
・ドイツ語「Klammeraffe」 
・ブルガリア語「маймунка」 


また、スウェーデン語、デンマーク語では「象の鼻のa」を意味する「snabel-a」、ロシア語では「子犬」をあらわす「собака」、フィンランド語では「猫の尾」を意味する語「kissanhäntä」で@を読みます。

まとめ


日本では「@」は「アットマーク」と呼ぶのが一般的ですが、それは日本だけです。世界各国でそれぞれ違う呼び方をしています。

@の形に似たカタツムリや象の鼻、猿、猿の尾、猫の尾など動物になぞらえた言語で呼ぶ国が多いですね。

インターネットが普及してメールアドレスに使われるようになった@は私たちの生活に溶け込んでいる記号の1つ。アットマークと読むのが当たり前だと考えていたという人も多いでしょう。世界各国の呼び方を調べてみるととても面白いですね。
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加