カンガルーは全身筋肉の塊。その理由は・・・まさかのモテるため!?

カンガルーというと草食動物で優しく、楽しげにピョンピョン飛び跳ねているという印象がありませんか?

ところが、カンガルーは実に良い体格をしており、非常にマッチョなんです。

今回はなぜ草食系にもかかわらずカンガルーはマッチョなのか、その理由についてみていきますね。

また、カンガルーの隠された身体能力についても併せてご紹介します。

カンガルーとは

まずはカンガルーの生息地や生態など、基礎知識についてご紹介します。

ワラビーなどカンガルーの中でも様々な種類がいますが、ここではカンガルーの中でも最大種の「アカカンガルー」に焦点を絞ってみていきますね。

カンガルーの生息地

カンガルーというと、オーストラリアというイメージがありませんか?アカカンガルーの生息地もそのイメージ通り。

アカカンガルーは主に、オーストラリアの内陸部に生息しています。

環境変化に柔軟なところがあって、平原や林のほかに、半ば砂漠になっているような地帯でも生息できるほどです。

カンガルーの生態

アカカンガルーは群れを作って行動することが多いです。

大体1頭のオスに複数のメス、さらにその子どもたちと10頭前後の群れを作ります。

そして群れ同士が一緒に行動することもあるそうで、複数の群れが一緒になって、時に100頭超えで行動を共にするケースもあります。

カンガルーは草類を食べますが、アカカンガルーはより雑食です。低木の若葉に芽、樹皮なども食べられます。さらに多肉植物を食べることも。

アカカンガルーは長期間水を飲まずに生活できますが、これは多肉植物に含まれる水分を摂取しているから。

基本的に、早朝と夕方から夜間にかけて活発に活動します。日中は、生息地が暑くなるので木陰で涼をとっていることが多いです。

実はマッチョなカンガルー

カンガルーの体が、筋肉の塊というのはあまり知られていないかもしれませんね。

では、なぜカンガルーはマッチョになるのか、そして草食にもかかわらず筋肉が発達するのかについてまとめました。

カンガルーがモテるために筋肉は必須

カンガルーがマッチョなのは、なんとモテるため!

特に上腕の筋肉が発達していればいるほど、メスにモテるのだとか。

実際、メスへの求愛行動として上腕を曲げて筋肉をアピールするのだそう。

メスのハーレムを作り上げるためにはケンカに強くなければならない、そしてケンカに強くなるためには腕っぷしが必要だというわけです。

草食性なのにマッチョな理由

マッチョになるには肉など動物性たんぱく質をガンガン食べて・・・というイメージがありますよね。

しかしカンガルーは草食動物です。肉など食べるはずもありませんね。それにもかかわらず筋肉がつくのは腸内細菌のおかげなんだとか。

カンガルーの腸内細菌は、草からアミノ酸を合成する能力があります。

アミノ酸は筋肉の材料になる栄養分です。このため、草食でもカンガルーは筋肉モリモリなのです。

ちなみに草食のゴリラが500kgともいわれる脅威の握力を誇るのも、同じく腸内細菌のおかげですよ。

カンガルーのすさまじい身体能力

カンガルーの筋肉は見た目だけではなく、優れた身体能力を支えています。

カンガルーの脅威的な身体能力について、この項目で詳しく見ていきますね。

カンガルーの跳躍能力

カンガルーは移動するとき、走るというよりもピョンピョン飛び跳ねているイメージがありませんか?

この跳躍力はなかなかのもので、1回あたりの跳躍はだいたい9~13.5m程度だそうです。

その回転を速くすると、時速60~70km程度のスピードが出るんです。

ただ単に速いだけでなく、スタミナも十分!

時速20km以上になると、犬やシカのような四つ足の哺乳類と同じスピードで走ったら、カンガルーの方が消費エネルギーは少なくなると推定されています。

このため長距離移動もお手の物で、主要な種類のアカカンガルーにいたっては、1日200km移動するのもざらだそうです。

カンガルーは泳げる

そしてまた意外と知られていないのは、カンガルーは泳ぎも得意である点です。

足腰の強さプラス、尾っぽを左右に振ることで推進力を引き出します。

しかも水中のバトルに強いのもカンガルーの特徴ですね!

犬に追いかけられたとき、近くに池や川があると飛び込んで逃げようとします。もし犬が後を追いかけて水中に入ってきたら、カンガルーが反撃に移ります。

パワフルな前脚と、かぎづめ付きの指を駆使して、逆に犬を水中に押し込んでしまうそうです。

絶対よけて!カンガルーキックの破壊力

カンガルーには強い脚力のあることは、跳躍力の項目でご紹介しました。

この優れた脚力から繰り出されるキックは、破壊力抜群!!

人間がまともにキックを食らうと、内臓が破裂してもおかしくないほどのパワーです。

尻尾で体を支えて、プロレスのドロップキックのように両脚を前に突き出してきます。

まとめ

カンガルーは草食動物にもかかわらず、その優れた腸内細菌の力をいかして、筋肉モリモリの体を作り上げます。

それもすべてはメスにモテるため。とはいえ、その筋肉は見掛け倒しではなく、身体能力もかなりのレベルです。

特にカンガルーキックは驚異の破壊力を有しています。皆さん、好奇心があってもくれぐれもカンガルーを挑発しないように。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事