「にやける」は薄笑いをした様子ではない!本来は男性の様子や仕草を示す言葉だった

薄ら笑いを浮かべている人を見て、「にやける」という表現をするのが一般的だと思いますが、その意味は実は本来違うものでした。

そこで、今回は「にやける」が持つ本来の意味について解説していきたいと思います。

一般的な「にやける」の使い方は本来の意味と違う

薄笑いを浮かべた様子を指して「にやける」という言葉を私たちは使いますが、この言葉が持つ本来の意味は異なっています。実際には別の意味があるようです。

「にやける」と「にやにや」の違い

「にやける」と同じように、薄笑いをしている様子を表現するのに使われる「にやにや」という言葉。

同じように見えますが、言葉のニュアンスが少しだけ違います。

誤用とはいえ「にやける」が使われるシチュエーションは、単純に薄笑いを浮かべている様子が多いですね。

それに対し、「にやにや」するの場合は意味深な笑みを浮かべたり、悪だくみを思いついたような笑みであったり、相手を小馬鹿にするような笑みのことを表現する際に使われる言葉です。

また、「にやける」は動詞なのに対して、「にやにや」は副詞であり擬態語という違いもあります。

「にやける」は男性の様子や仕草を表す言葉

「にやける」の本来の用い方からすると、女性に対しては使われず、男性に対してのみ使われてる言葉です。

薄笑いの意味で認識している私たちからすると、そこから根本的に違ってくるため、本来の意味を知ると驚く人がいるかもしれません。

「にやける」の意味

「にやける」の意味は、主に男性がナヨナヨしている様子を表しています。そのため、女性に使うということのない言葉でした。

ナヨナヨしているといっても弱弱しい、頼りないというよりは、色っぽい男性に使われる言葉だったようです。

単純にナヨナヨしているよりも、そこに色気が含まれているニュアンスで使われていた言葉なのです。

「にやける」の語源

「にやける」という言葉は、元々は男色を指す「若気(にやけ)」という言葉が語源だといわれています。

より古くは「にゃける」という言葉が存在していて、それが由来となったという説もあります。

ちなみに、男色とは男性による同性愛のことです。

特に語源となっている「にやけ」は、鎌倉時代や室町時代に貴人に従えた少年を指していた言葉です。

男色の対象となるような色気のある少年のことを意味しており、同性愛の間で使われるような言葉でした。

そこから、男性が女性のように色っぽい姿を表す言葉として「にやける」という言葉を使うようになったそうです。

近年ではジェンダーの壁を気にしない方も多くなり、そもそも男性・女性と区別する考え方自体がナンセンスと言われる世の中になってきました。

そのため、「にやける」の本来の使い方は時代錯誤とも言えます。

昔はそのような考え方が浸透していなかったため、男性なのに女性的な色気を放つ人を総じて「にやけ」と表現していたそうです。

「薄笑い」の意味は間違いとは言い切れない

本来「にやける」という言葉には、薄笑いを浮かべる姿は含まれていませんでした。しかし、現代ではむしろそういう状態を指して言うことが多いですよね。

時代の変化によって「にやける」の意味も変わってきたと言って良いかもしれません。

多くの人が「薄笑い」の意味で使っている

文化庁の『国語に関する世論調査』の結果から、全世代で大多数が「薄笑いを浮かべる」という意味で使っていることがわかっています。

平成23年度の調査によると「にやける」を、「薄笑いを浮かべている」と回答した人は、76.5%もいたそうです。

その一方で、本来の意味である「ナヨナヨしている」と回答した人は、14.7%しかいなかったとの結果が出ています。

つまり、すでに現代では「にやける=薄笑い」と認識している人がほとんどだということです。

現在は男性に限定した言葉として使われていない

本来は男性の様子を表した言葉ですが、現在は女性に対しても使われるよう時代に合わせてシフトチェンジしてきています。

しかし、そうは言っても多くの辞書ではまだ本来の意味しか掲載されていません。

すでに国民の大半が本来の意味とは別に現代の意味で捉えているため、今後もしかしたら新しい意味として「薄笑いを浮かべた様子」というのが追加されるかもしれませんね。

まとめ

「にやける」という言葉は本来、「ナヨナヨしている」という意味で、女性のような男性を表現するのに使われる言葉でした。

しかし現在では前世代を通して「薄笑い」を浮かべた様子という、本来の意味とは違う誤用表現の方が浸透しています。

全世代で見ると76.5%、10代〜30代だけで見るとなんと83%もの人が間違った意味で捉えています。

もしかしたら、「ナヨナヨした様子」という正しい意味で使うと、相手に伝えたい言葉がむしろ通じない、という逆転現象が起きているといって差し支えないかもしれませんね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事