「ハム」と「ベーコン」の違いはなに?生ハムとの違いも解説! | FUNDO 「ハム」と「ベーコン」の違いはなに?生ハムとの違いも解説! – FUNDO

「ハム」と「ベーコン」の違いはなに?生ハムとの違いも解説!

2020.7.2


私たちの食卓に時々並ぶハムやベーコンを改めて考えてみると、正直2つの違いがよく分からないですよね。

ハムとベーコンは、どこがどのように違うのでしょうか?今回は生ハムとの違いについても調べてみたので、ぜひ読み進めてみてくださいね。

部位の違い


ハムとベーコンはそれぞれ豚肉を使った食品なのですが、実は使われている部位が違います。それぞれどの部位を使っているのでしょうか?

ハムで使われる部位


ハムは、豚のもも肉によって作られた食品のことを本来は指します。実はハムとは「豚のもも肉」を意味している言葉なんですよね。

今ではプレス肉や豚のロース肉で作ったもの、さらには違う部位で作るハムもありますが、本来の言葉としては「ハム=豚のもも肉」となります。

ベーコンで使われる部位


ベーコンは、豚のバラ肉で作られた食品を指します。基本的にベーコンは豚のバラ肉を使います。

豚の肩肉を使ったショルダーベーコンや、ロース肉を使ったロースベーコンもありますが、脂身の多いバラ肉こそベーコンに最適な肉だといわれています。



作り方の違い


ハムとベーコンは作り方にも違いがあります。

肉の種類だけでなく製造工程も異なるため、根本からハムとベーコンは別物ということになりますね。

ハムの作り方


ハムの作り方はまず、豚もも肉の塊を塩漬けして熟成させるところから始まります。

熟成した豚もも肉の塊を塩抜きします。そして燻製した後、ケーシングと呼ばれる紐やタコ糸で縛ったり、布で包む工程を経て熟成させます。

熟成後、ボイルや蒸気で加熱し、冷却すればハムの完成です。

ベーコンの作り方


ベーコンの作り方は、まず塩漬けした豚バラ肉を熟成させます。そして、その熟成した肉を塩抜きした後に燻製すれば完成です。

ハムのように「形を作る」ということはありませんし、ボイルや蒸気で加熱という工程もないというのが特徴ですね。塩漬けした後は熟成と燻製のみで完成します。

生ハムは「生」ではない


生ハムと呼ばれるものはそのネーミングから、本当に「生」だと思っている人がいるかもしれません。

しかし実は、生ハムは生肉ではありません。勘違いしないようご注意くださいね。

加熱されていないハムが生ハム


「ハム」と「生ハム」の違いは、加熱するかどうかです。

前述したように、ハムは塩漬けしたものをボイルや蒸気で加熱するのが一般的です。

それに対して一般的な生ハムは、生肉をそのまま使ったもの・・・ではなく、素材を調味料と一緒に塩漬けにした後に乾燥と熟成させるのです。

「生」と聞けば何も加工していない生肉のように感じますが、生ハムもしっかりと加工しています。しかし、加熱はされていません。

ハムは加熱させたもので、生ハムは加熱させていないものと認識しておけば間違いないですね。

生ハムの種類


生ハムだけでも様々な種類があります。

ここでは、その中でも代表的なプロシュットとハモン、ラックスシンケンについて解説します。

プロシュット


プロシュットは豚もも肉のハムのことで、現地イタリアでは「とても乾いたもの」という意味があるそうです。

特に有名なプロシュットである、パルマ産の「プロシュート・ディ・パルマ」は世界三大ハムの1つです。

日本ではイタリア産やイタリア式の加熱していない生ハムのことを、総じて「プロシュット」もしくは「プロシュート」と呼ぶことが多いです。

プロシュットはピンク色で光沢のある肉質が絶品で、口に入れた瞬間に豊かな風味が広がります。

イタリアではそのまま生ハムの盛り合わせなどで食べることが多く、ピザのトッピングとしても人気です。



ハモン・セラーノ


スペイン語で「山の熟成したハム」を意味し、白豚の後脚から作られた生ハムです。

ハモン・セラーノも色鮮やかなピンク色をしていて、とても柔らかい食感と塩加減が絶妙だと評価を得ています。

そのまま食べるのはもちろん美味しいですが、生ハムメロンのように果物と一緒に食べることも多いようです。

このハモン・セラーノも、プロシュート・ディ・パルマや金華ハムと並び世界三大ハムの1つです。



ラックスシンケン


ドイツで”サケ”を意味するラックスシンケンも、有名な生ハムです。ラックスハムという別名で呼ばれることもあります。

他のプロシュットやハモン・セラーノに比べて赤色が強く、サケの切り身に似ていることからその名が付けられたそうです。

肉に凝縮された旨味がクセになると言われており、パンやビールと一緒に食べるのが最適なのだとか。



まとめ


ハムとベーコンの違いは、豚肉の部位と製造方法です。ハムは豚もも肉を使うのが一般的で、ベーコンは豚バラ肉を使うのが一般的です。

その他、製造方法もハムは加熱するのに対し、ベーコンは加熱しないのが基本となります。加熱しない生ハムは、ベーコンの方がハムより近い食べ物といえるようですね。
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加