「このブタ!」はもう悪口ではない!実はすごく可愛い動物『豚』の魅力を紹介 | FUNDO 「このブタ!」はもう悪口ではない!実はすごく可愛い動物『豚』の魅力を紹介 – FUNDO

「このブタ!」はもう悪口ではない!実はすごく可愛い動物『豚』の魅力を紹介

2020.7.8


悪口で用いられる「ブタ!」はもう時代遅れです。今ではミニブタやマイクロブタなどの登場によって、むしろとっても可愛いペットとして認識されています。

今回は、そんな可愛い動物の「豚」についてご紹介します。ブタカフェの可愛い画像集もあるので、ぜひ併せてご覧くださいね・・・悶絶注意ですよ!(笑)

豚について


そもそも豚は、どのような動物なのか意外と知らない人がいるかもしれません。まずは豚についてご紹介するので、一緒に勉強していきましょう!

元はイノシシ


豚は、もともとイノシシを家畜用に品種改良した動物です。寿命は約10年~15年ほどあり、野生では最長27年生きた豚が確認されているそうです。

世界各地で家畜用として育てられており、生命力と免疫力と適応力の高さを兼ね備えているめっちゃ逞しい動物と言えます。

その他にも優れている特徴があるのですが、それは下記で詳しくご紹介しますね!

実は太っていないし汚くもない!


太っている人に対して「ブタ!」という悪口を言う人がいますが、実は豚の体脂肪率はモデル並みです。実際にブタの体脂肪率は14%程度しかありません。

人間の平均体脂肪率は成人男性で10%~20%ほどで、成人女性は20%~35%ほどなので、むしろ豚は驚異の体脂肪率ということがわかりますよね。

つまり、悪口のつもりで「ブタ!」と言えば言うほど、逆に褒め言葉になってしまうってことです(笑)

実は綺麗好き


それに加えて豚は、かなりの綺麗好きでも知られています。

普段から定期的に泥浴びや水浴びをする他、ブタは排泄する場所と眠る場所、食べる場所を自分で区別して生活するほどの綺麗好きなのです。

これは野生の名残で天敵に見つからないようにするためともいわれていますが、単純に他の動物に比べても綺麗なのは事実です。

さらに賢い!


さらに豚は知能もハンパではありません!ペットの定番である犬に匹敵するほどの知能を持ち、人を見分けることもできてしまうんです。

豚は危害を与える人のことをしっかりと覚えて、警戒するようになります。逆に危害を与えないと分かれば、自分から近寄ってくるほど頭が良いのです。

犬と同じようにトイレを覚えたり、エサを覚えたりするだけではなく、芸も教え込めばしっかりとやるようになります。

ペットとして飼われていた豚が、心臓発作を起こした飼い主を助けるために、自分で道路に横たわって助けを求めた事例もあるくらいです。

まさに豚こそ、ペット界のニューヒーローなのです!

鏡映認知


動物はなかなか鏡というものを認識できず、自分が映っていても他の動物だと思ってしまいます。

しかし、ブタは鏡映認知という力を持っていて、鏡の存在をしっかりと理解できるそうです。

これは動物の中でも類人猿の他、イルカやゾウ、カササギやヨウムなど限られた動物にしかできない芸当なのだとか。



ペットになった豚さん


イメージとは裏腹に、ペットとしてのポテンシャルの高さから、近年は豚をペットとして飼う人々が増えてきました。日本でも徐々に飼う人が増えているようですよ!

ミニブタの誕生


ミニブタは、ベトナムに生息していた小型のポットベリーピッグという種類の豚をヨーロッパなどで交雑し、品種改良した動物です。

世界中で愛玩動物とされているミニブタは、そのほとんどがベトナムを起源とするもので、現在までに開発されたミニブタは数十種いるなど、今後はさらにミニブタの品種が増えそうです。

ただ、ミニブタとは言っても40㎏~70kgほどまで成長するため、サイズは超大型犬に匹敵します。

最大のものだと100kgほどに育つこともあるので、飼育の際は責任を持って最後までお世話をすることが必要です。

さらに小さいマイクロブタ


マイクロブタは、ミニブタをさらに品種改良して開発された豚です。18kg~40kgほどまで成長するため、サイズとしては中型犬~大型犬くらいの大きさになります。

もともとヨーロッパではペットとしてのミニブタが流行っていましたが、「もっと小さい豚はいないものか」という意見から、さらに小さいものが開発されるようになったそうです。

そう考えるとミニブタよりは飼いやすい種類と言えるかもしれませんね。

ちなみに別名は「ティーカップピッグ」と呼ばれており、特にセレブの間で人気を集めています。もちろん、ティーカップよりは大きいですけどね!(笑)

かわいすぎる豚さんたち


ここからは、悶絶必至の超ド級に可愛い豚の写真たちをご紹介します。

マイクロブタカフェ!


近年は猫カフェやフクロウカフェなど動物と触れ合えるお店が人気を集めていますが、マイクロブタ専門のカフェも存在しています。


こちらは、日本初のマイクロブタ専門カフェ「mipig cafe」にいる豚さんです。お店は原宿と目黒にあるので、ぜひ予約して見に行ってみてくださいね。

mipig cafe(マイピッグカフェ) – 公式サイトはこちら

まとめ


「ブタ!」はすでに悪口ではなく、褒め言葉です。

たしかに家畜用のブタはとても大きいので可愛いとは言えないかもしれませんが、ミニブタやマイクロブタはとにかくもうめっちゃ可愛いです!

もしペットとして飼いたいという方は、その大きさに注意しながら育てましょう。もしかしたら数年後には犬よりも人気のペットになっているかもしれませんね!(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@mipigcafe)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加