男子の片思いあるある7選!学生時代の甘酸っぱい思い出が蘇るかも!?

学生時代での"片思い"は、きっと誰もが経験あると思います。

好きな子の前で赤面したり、ドキドキしたり、そして落ち込んだり・・・大人になった今となっては良き思い出ですよね。

そこで今回は学生時代の記憶が蘇るであろう、「男子の片思いあるある」をまとめてみました!

好きな子を目で追ってしまう

好きな人が同じ空間にいるというのは、それだけで気持ちがハッピーになりますよね。

特に同じクラスの場合だと、授業中の何気ない仕草でも気になります。体育で男女別に運動をしていても気もそぞろになり、ついつい好きな子の動きを目で追ってしまって凡ミス…なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者は中高一貫の男子校に通っていたので、女子と触れ合う機会は少なかったのですが、部活での野球試合で相手チームに可愛いマネージャーがいた時はついついその子を見ることに集中してしまい、監督に怒られてしまった苦い経験があります(笑)

好きな子の前でついカッコつけてしまう

思春期の頃は特に、「好きな子に良く見られたい」という思いが強いのではないでしょうか。

意識してしまうと妙に力が入ってしまい、カッコつけるつもりが空回りして失敗するなんてことが…あ、今でも良くあります(笑)

あと、洋服の着方も勘違いしがちじゃなかったですか?

女の子と一緒になる時、なぜかシャツのボタンを大きく開けて胸元を見せるという間違ったセクシーアピールなど。

まだ体が細い若い時分にあれはいただけなかったな…あれ、これって筆者だけですか?

わざとそっけない態度をとってしまう

若い頃は好きな子を目の前にすると、なぜか「自分は別に好きじゃないし!」という態度をとってしまいがちですよね。

素っ気ない態度もそうですが、あえて好きな子に嫌がらせをしてみたり…いま考えればあれはなんだったんだろうと思ってしまいますが、ある意味甘酸っぱい思い出として残っています。

でも、この態度は年齢を重ねるにつれマイナスにしか作用しなくなるので、早い段階から注意が必要ですね。

ハートマークで大喜び

筆者の学生時代はLINEなどのメッセージアプリがなかったので、好きな子から電話番号やメールアドレスを聞くというのがなかなか勇気のいることでした。

当然スマートフォンではなく、今は無きPHSが主流でした。

そしてDDIポケットやJ-PHONEでは絵文字が使える機種もあり、頑張ってゲットしたアドレスでやりとりをする中で、ハートマークの絵文字が送られてきた日には、天にものぼるような嬉しい気持ちになったものです。

女の子にとってはハートマークを送ることなんて大したことないという人も多いですが、多感な時期の男子には一撃必殺のアイテムですよね(今もかな?)

そういえばNTTドコモのiモードが出た時は、絵文字の多さに驚いた記憶がありますね。懐かしい…

自分に気があると思ってしまう

「ねえ、ここちょっと教えてくれないかな?」

そのように勉強の相談を受けると、それだけで「この子、僕のこと好きなんじゃ…」と思ってしまいませんか?

また、消しゴムを貸してくれたり、「肩にゴミついてるよ?」といって取ってくれたり。

好きな子のちょっとした優しさに触れるだけで、男子という生き物は勘違いを起こしてしまいます。

「こんなに僕に優しくしてくれるなんて、間違いない!」と自信満々に告白をして見事撃沈する光景は、今になってみると微笑ましく思いますね。

昔は猪突猛進にアタックできたのにな…がんばれ、今の自分!

会えるチャンスを必死に窺う

好きな子ができると、なんとしてもその子に会いたいと思いますよね。

学校内でその子の行動パターンを把握すると、無駄に廊下で黄昏て、その子が通るのを待ってみたり。家が近所だと、帰り道で偶然出会う演出をしてみたり…。

なんとしても会いたいという強い気持ちは、とても微笑ましいものです。ただ大人になってそれをすると、危ない人だと思われるので注意が必要ですが。

筆者も昔は好きな子の通学路で偶然会う演出をしたことがありますが、「おう」と片手を上げて素っ気ない挨拶しかできなかったという、なんともいえない苦い記憶があります。

好きな人に恋愛相談をされる

好きな子に突然呼び出されてドキドキしながら行ってみたら、その子に恋愛相談をされる…はい、あるあるですよね。

好きな子には幸せになって欲しいですし、頼りにされるのはとても嬉しいことなのですが…思いがあるだけにこれがまぁなかなかツラい!

でも相談を受けていて、いつの間にかお互いの距離が縮まるなんてこともあるので、出来るだけ親身に対応しなければ男が廃ります。

あ、筆者は残念ながらそれでゴールインした経験はありませんが…

まとめ

今回は、男子の片思いあるあるをご紹介してまいりましたがいかがでしたか?

若かりし頃の片思いは、甘酸っぱさと若干の後悔が交わりますが、今となってはいい思い出になっている方も多いのではないでしょうか。

私は昔の自分の思い出を肴に、今日はお酒を飲もうと思います(笑)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事