1日で散ってしまう貴重な植物!まるで素麺のような花「パナマソウ」が開花し話題に

世の中には、私たちが見たことのない植物が無数に存在します。中には一体何なんだろう?と2度見してしまう不思議な植物もたくさんありますよね。

そんな中で今回話題になっていたのは、まるで素麺のような花を咲かせる不思議な植物です。

その姿はまるで大盛りの素麺

素麺のような花は「パナマソウ」という植物だそうで、大阪市鶴見区にある植物園『咲くやこの花館』の公式アカウントが開花した時の写真をTwitterに公開しました。

いかがですか?見た目は素麺そのものといった感じですよね。暑い日が続いていますし、サッと茹でてスルッと食べたくなる衝動にかられます。

この素麺のような部分が「花」になるそうで、わずか1日で地面に落ちてしまうようです。そして、この奥に雌花や雄花が隠れているといいます。

▼ 散ったあとの姿がこちら

花はごっそりときれいに落ちています。つぼみの姿形は、まるでとうもろこしのようですね。

そして抜け落ちた花は・・・やっぱり素麺にしか見えません(笑)

パナマ帽の原材料

このパナマソウは、暑い夏期にリゾート用の帽子として多く利用されるパナマ帽の原材料でもあります。

パナマ帽はパナマソウの葉を細く裂いた紐で作られ、軽くて丈夫で通気性に優れています。

ちなみに、パナマソウの主な原産地はパナマではなくエクアドルやペルー。少々ややこしいですが、南米北西部から中米にかけて見られるそうです。

ツイートに寄せられた声

投稿を見たTwitterユーザーからは"素麺に見える"という声をはじめ、「なんか産まれそう」「なんて不思議な花」などの声も寄せられました。

・うちの母が茹でた素麺をよく冷蔵庫に入れておいてくれるんですけど、食べる時いつもこんな感じです。 
 
・えっこれ咲いているの?とうもろこしのふさふさを集めてきたみたい。なんか産まれそう。 
 
・何このモンブランをアイスクリームにしました!みたいなやつ。 
 
・素麺っぽいと思ってるのが私だけじゃなかった!麺に見えるところが花弁なんですかね。なんて不思議な花なんだ。

モンブランをアイスクリームにしたら、確かにこんな感じになりそうです。植物の神秘、奥深さを改めて感じさせてくれますよね。

ちなみに『咲くやこの花館』では、熱帯から極地まであらゆる気候帯に生育する植物、約5,500種15,000株を栽培・展示しているそうです。植物に興味のある方は、ぜひ公式サイトをご覧くださいね。

咲くやこの花館 - 公式サイト

咲くやこの花館の公式Twitterアカウントはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@SakuyaismU)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事