厳つい名前のあま〜いお菓子「鬼まんじゅう」の由来は?美味しい作り方も紹介 | FUNDO 厳つい名前のあま〜いお菓子「鬼まんじゅう」の由来は?美味しい作り方も紹介 – FUNDO

厳つい名前のあま〜いお菓子「鬼まんじゅう」の由来は?美味しい作り方も紹介

2020.7.25

愛知県や岐阜県出身の方にとって「鬼まんじゅう」はポピュラーな和菓子かもしれませんね。給食のデザートで出されたり、調理実習で作ったことがある人もいるでしょう。

ただ東海地方出身者以外の方だと、鬼まんじゅうはあまり聞きなれないお菓子かもしれません。

そこでここでは鬼まんじゅうとは何か、そしてなぜこのような厳つい名前になったのかなどについて詳しく見ていきます。

鬼まんじゅうとは?


「鬼まんじゅう」がどんなお菓子か分からないという人もいるでしょう。まずは、鬼まんじゅうがどんなものなのかについて、詳しく見ていきます。

東海地方のローカルフード


鬼まんじゅうは、薄力粉もしくは上新粉と砂糖を混ぜ合わせて生地を作り、そこに角切りのサツマイモを加えた蒸し菓子を指します。

愛知県をはじめとした、東海地方のソウルフードです。岐阜県などでは、庶民的な和菓子屋さんに必ずと言っていいほど置いてあります。

サツマイモの角切りは、表面から見えているのが特徴です。私たちがよく食べる一般的なまんじゅうと比較すると、表面に光沢があり、生地の粘りも強めです。

ちなみに、名古屋の梅花堂の鬼まんじゅうは有名ですよ。

鬼まん


鬼まんじゅうには別名がいくつかあります。サツマイモを使っているので、「芋まんじゅう」という名称で呼ばれることもあります。

また、東海地方の方では「鬼まん」と呼ばれるようですね。鬼まんじゅうを略してこのような呼称が定着しました。



厳つい名前の由来


「鬼のまんじゅう」という名称は、なかなか厳ついイメージがありますよね。なぜこのような名前になったのでしょうか?

いくつか諸説がありますが、いずれもその見た目が鬼を連想させるものだったからだそうです。

まず生地の表面に角切りのサツマイモが出ている、そのゴツゴツしているところが鬼のようだからです。また、鬼の持っている金棒のゴツゴツ感に近かったという説もあります。

そして、鬼まんじゅうの生地には小麦粉が使われているのですが、昔の小麦粉は今と比較して黒かったといいます。

このため、鬼まんじゅうも黒っぽいまんじゅうでした。その不気味さが鬼のように見えたから、このように名付けられたという説もあります。

名前に反して、もちもち優しい


「鬼まんじゅう」は、角切りのサツマイモが表面から飛び出してゴツゴツした感じがしますよね。しかし実際の食感は、名前や見た目とは真逆です。

まずお餅の食感ですが、一般的なまんじゅうと比較して粘り気があります。この粘り気が、柔らかい食感を引き出しています。

まんじゅうとは言うものの、餡は一切入っていません。そこまで甘味が強くないので、甘いものが苦手な人でも抵抗なく食べられるでしょう。

イメージ的にはふかし芋を包んだまんじゅうといったところでしょうか?東海地方以外の方でも、どことなく昔懐かしい感じがする味ですね。

鬼まんを作ろう


鬼まんじゅうは調理実習の課題になるほど、自分で作ることのできるお菓子です。

ラジオで紹介されたレシピが分かりやすかったので、ここで紹介しますね。ちなみにこれからご紹介するレシピは、鬼まんじゅう6個分の分量です。

① サツマイモ1本用意し、1cm角にカットします。

② ボウルにカットしたサツマイモと砂糖を80g~100gほど加えてよく混ぜます。甘さ控えめの方が良ければ、50gを目安に入れましょう。

③ 砂糖がサツマイモにまんべんなくついたところで、しばらく寝かせます。サツマイモの水分が出てくるまで、待ちましょう。

④ 次に小麦粉120gを少しずつ入れていきます。そしてさつまいもとしっかり混ぜます。最初のうちはダマができるかもしれませんが、丁寧に混ぜ続けると滑らかな状態になります。

⑤ 小麦粉と混ぜ合わさったところで、水を10cc~40ccほど加えます。こちらも一気ではなく、徐々に加えて混ぜていきましょう。

⑥ この生地を丸めて、あとは蒸すだけです。大体10分も蒸せば完成ですよ。

まとめ


「鬼まんじゅう」は、東海地方の方にとってソウルフードともいえるお菓子です。

でも東京など他の地域に引っ越したら、めっきり見かけなくなったという人も多いのではありませんか?鬼まんじゅうは東海地方以外のエリアでは、なかなか見られないお菓子ですね。

今回ご紹介したようにサツマイモがあれば、自宅でも簡単に調理できます。休日などを使って自分で作って、昔懐かしい味を堪能してみませんか?
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加