全国に様々な鬼ころしがあるって知ってた?「鬼ころし」は日本酒で伝統的なネーミングだった

スーパーやコンビニのお酒のコーナーに足を運んでみると、「鬼ころし」というパッケージを見かけたことがありませんか?

鬼ころしというと、特定のメーカーが販売しているブランドと思っている人もいるでしょう。

実はこの鬼ころし、多種多様なところから販売されているんです!ここではそんな「鬼ころし」という名前の由来も併せてご紹介します。

鬼ころしとは?

「鬼ころし」は、本格的辛口の日本酒のことです。

日本全国いろいろな酒蔵から発売されています。なぜ何種類も鬼ころしが販売されているのか、以下で詳しく見ていきましょう。

商品名だけど商品名じゃない

鬼ころしが日本各地で何種類も販売されているのは、「鬼ころし」という名称で商標登録していないからです。

このため、どこでも「鬼ころし」という名前を付けて日本酒を販売できるわけです。有名なところとしては、飛騨や日光、清州が挙げられます。

しかし、マイナーなものまで含めると数はさらに増えます。日本全国に100ぐらいあるといわれていますよ。

鬼ころしの由来

鬼ころしの名前の由来はそのままです。身の丈9尺もある大きな鬼を殺してしまうほどの強いお酒という意味からこのように名づけられました。

また、いくつか説はあるのですが、御伽草子の「酒呑童子(しゅてんどうじ)」が由来ではないかとみられています。

現在の京都府に大江山というところがあり、そこに酒呑童子という酒好きの鬼がいました。

街で盗みなどの悪さをする酒呑童子に対して、源頼光が退治しに行きました。この時、酒呑童子の大好きなお酒を持っていったそうです。

あまりにも辛くて美味しいお酒を、酒呑童子がガンガン飲んで酔っ払ってしまいました。

酔っぱらったスキに頼光が退治したという話から、「鬼ころし」と呼ばれるようになったようです。

コンビニの鬼ころし

コンビニなどで、ぜひお酒コーナーをチェックしてみてください。鬼ころしが販売されているはずです。

普段何気なく見ているので、コンビニの鬼ころしは同じものだと思っている人も多いのではないでしょうか?

実はコンビニで取り扱っている鬼ころしは、以下で紹介する2種類が主に販売されています。

清州桜醸造

清州桜醸造は、愛知県の清州にある酒造メーカーです。鬼ころしの他にも、焼酎や梅酒、ワインなど多種多様なお酒を製造しています。

ちなみに清州桜醸造の鬼ころしは、やや辛口の飲みあたりです。

キツさはなく、まろやかなので誰でも飲みやすい味わいです。後味にはコクも感じられます。

清州桜醸造は業界でも高く評価されています。全国燗酒コンテストの2019年度お値打ち熱燗部門の金賞を受賞しているほどです。

日本盛

コマーシャルでもしばしば宣伝している、有名ブランドの日本盛も「鬼ころし」を販売しています。

こちらは、すっきり端麗な味わいに仕上がっています。180mlのコンパクトサイズなので、ちょっと一杯だけ飲みたい時に気軽に購入できますよ。

100円くらいの価格で販売されていることも多く、手軽に酔いたい人にはおすすめですね。

また、日本盛の鬼ころしの中には、搾りたてタイプもあります。

従来の鬼ころしと比較して、フレッシュな味わいを堪能できます。のど越しがさわやかで、鮮度の高い風味です。

元祖鬼ころしは?

日本全国にたくさんある鬼ころしですが、元祖といわれているのが飛騨の老田酒造店です。

老田酒造店は、創業が江戸の享保年間です。今から300年以上前ですから老舗で由緒正しいことがわかりますよね。

老田酒造店では、一流の鬼ころしを厳選して販売しているそうです。

吟醸だけあって、フルーティな香りがします。従来の日本酒とはまた違った味わいを堪能できるとして人気です。

また、老田酒造店の鬼ころしは世界にも認められたお酒で、モンドセレクションで3年連続金賞を受賞した実績があります。

地酒ブームも手伝って大人気になっているので、一度味わってみてくださいね。

まとめ

鬼ころしは、近くのスーパーやコンビニで販売されていることが多く、お酒好きの人にとってなじみの深いお酒ですよね。実際に飲んだことのある人も多いでしょう。

そんな鬼ころしは、日本全国に100種類程度あるといわれています。酒蔵によって、味わいにも若干違いがあるみたいですね。

興味のある方は、鬼ころしの味比べをしてみてもいいでしょう。ただし、お酒の飲み過ぎには注意が必要ですよ。

※ お酒は20歳になってから。未成年者の飲酒は法律で禁じられています。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事