愛犬の遺言「もし、ボクが死んだら」に絶対に涙してしまう

fd300042r
愛犬の死はとても悲しいものです。愛犬がもし、亡くなる前に遺言を残していたとしたら、そんな思いから産まれた話題の愛犬の遺言をご紹介します。

もし、ボクが死んだら

人間は死ぬとき遺言を書いて、
愛する人に全てを残すという。
ボクにもそういう事ができるなら、
遺言書にはこう書くよ。

可哀想なひとりぼっちの野良犬に
ボクの幸せなお家を譲ります。

ボクのフードボールや豪華なベットも
柔らかい枕もオモチャも
大好きな(飼い主の)膝の上も
ボクを優しく撫でてくれるその手も、優しい声も
今までボクが占領していたあの人(飼い主)の心も
あの人(飼い主)の愛も・・・

ボクに穏やかな最後を過ごさせてくれたその場所を
ボクをギュッと抱きしめてくれたそのぬくもりも

ボクが死んだら

「こんなに悲しい気持ちになりたくないから、もう2度とペットとは暮らさない。」

って言わないで。

その代わりに、寂しくて、誰も愛してくれる人がいない犬を選んで
ボクの場所をその子にあげてちょうだい。

それがボクの遺産だよ
ボクが残す愛・・・それがボクが与えられる全てだから

愛犬がこんな事を想っていると想像すると、思わずグッと来てしまいますね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事