チョコが変色するブルーム現象ってなんだ?!夏に一度は経験したことがあるかも?

みなさんは夏にチョコレートが白く変色しているのを見たことがありませんか?あれってチョコの見た目も悪くなってしまいますし、なんか傷んでるんじゃないかと不安になりますよね。
ところでこの現象、実はちゃんとした名前が付いています。

それがブルーム現象です。

ブルーム現象ではチョコレートの成分が分離することで、見た目だけではなく食感なども変わってしまうこともあり、どのチョコレートでも起こる可能性があります。

そこでここでは、「ブルーム現象はなぜ起きるのか」「白くなったチョコは食べても平気なのか」などを解説します。

チョコが白く変色してしまう「ブルーム現象」

チョコレートが白く変色してしまうことをブルーム現象と呼ぶのですが、具体的にどのような状況でそうなるのでしょうか。
そこで、ここではまずブルーム現象とはどういうものなのか詳しく解説します。

ブルーム現象とは

ブルーム現象とは、チョコレートに含まれるカカオバターや砂糖が浮き出た状態を指します。

花が咲く、というの意味の「bloom(ブルーム)」という英単語にちなんでおり、浮き出てきた成分が花のように広がるところから、ブルーム現象と呼ばれているそうです。
これは結晶が白く浮き出てしまった状態を見立てた言葉であり、他にもブルーミングやチョコレートブルームとも呼ばれています。

食べても大丈夫?

では、ブルーム現象を起こしているチョコレートは食べても大丈夫なのでしょうか。
見方によっては腐っているようにも見えてしまうし、カビが生えているようにも見えてしまうかもしれません。

ただ、結論を先に言うと食べることはできます!

成分が分離しているだけなので食べても問題はないといえます。
その一方で、本来のチョコレートが持つ風味は損なわれるかもしれません。

チョコレート本来が持つ滑らかさが消えてしまい、舌触りなどの食感も悪くなってしまう可能性があるので注意してください。
また、白い粉が付着しているために見た目もあまり良くはありません。

ブルーム現象はチョコ以外でも起きる

ブルーム現象はチョコレートだけとは限りません。
その他の食べ物でも発生することがあります。

たとえばカレーのルーやココアがあげられます。
脂質と糖分の多く含まれたクッキーでもブルーム現象が起きることがあります。

ブルーム現象には2種類ある

ブルーミングやチョコレートブルームとも呼ばれるブルーム現象は2種類に大別できます。
それがファットブルームとシュガーブルームです。

ファットブルーム

ファットブルームのファットとは油のことです。
別名ではオイルブルームと呼ばれることもあるなど、文字通り油脂成分が分離してしまった状態のことです。

チョコレートにはココアバターと呼ばれるカカオ由来の油脂分が多く含まれており、ファットブルームはこのココアバターによるブルーム現象のことを意味しています。
ココアバターが表面へと浮き出ることで艶が消え、白く濁ったようになってしまうのが特徴です。

シュガーブルーム

シュガーブルームのシュガーとは文字通り砂糖のことで、砂糖成分が分離している状態を指しています。
こちらはチョコレートに含まれている砂糖が浮き出た状態で、シュガーブルームは砂糖によるブルーム現象のことを意味しています。

砂糖が表面に浮き出てしまっているため、ざらざらとした舌触りとなり、滑らかさも消えてしまうのが特徴です。

ブルーム現象が起きたチョコはもう元に戻らないの?

一度ブルーム現象が起きたチョコレートは風味を損ねた状態で食べないといけないでしょうか?
いえ、その必要はありません。
状態によっては元に戻せることもあるので、上手に活用して再利用しましょう。

ファットブルームだったら元に戻せるかも!

シュガーブルームの場合は厳しいですが、ファットブルームの場合は電子レンジで加熱して一度溶かしてから冷やせば見た目や食感は元に戻せます。
普通の板チョコなどであればこの方法で元通りです。

ただし、製品化しているチョコレートのお菓子などは戻せません。
あくまでも板チョコの場合の緊急処置として使いましょう。

アレンジして再利用するなんて手段も

一度ブルーム現象を起こしてしまったチョコレートでも、活用に仕方によっては再利用できます。
以下、その中でもおすすめの方法をご紹介します。

ホットチョコレートに

どうしても復元が難しい場合はブルーム現象を起こしたチョコレートを牛乳と一緒に電子レンジで温めて、ホットチョコレートにするというのもありです。
飲み物にしてしまえば分離した成分も再び混ざり合うので、飲み物として美味しくいただけるというわけです。

チョコレートフォンデュ

同じようにすべて溶かしてチョコレートフォンデュにするというのもありです。
お菓子が好きな人はチョコレートを買い溜めしていることもあると思いますが、たくさんブルーム現象を起こしてしまった場合は、ぜひチョコレートフォンデュにしてみてください。

ブルーム現象が起きないように保存場所を考えよう

ブルーム現象を起こさないようにするためには、普段からの保存場所に気をつけることが重要となってきます。

基本となるのは、直射日光の当たらない高温多湿にならない場所に置くことです。
これによってブルーム現象の発生をかなり抑えることができます。

また、冷蔵庫に入れる場合は匂いの吸着の他、乾燥にも気をつけることが必要です。
布や袋に包んでから冷蔵庫に入れる、という対策があります。

それと冷蔵庫に入れておいても、取り出した際に急激な温度変化でシュガーブルームが起きる可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

チョコレートは購入したらすぐに食べるのが良いです。
ずっと置いておくと白くなってブルーム現象が発生することがありえるからです。

ブルーム現象が起こっても食べられることは食べられるのですが、美味しさが損なわれている可能性があります。

もし長持ちさせたいなら高温多湿を避けて保管してください。
どうしてもブルーム現象が起きてしまったら、溶かしてアレンジすることで再利用するのがおすすめです。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事