ウサギは寂しいと死んじゃう・・・というのは都市伝説?!むしろ構われすぎる方が嫌い?

ウサギはペットとしても人気で、古くから日本の家庭でも飼われてきた動物です。
しかし、そんなウサギについて、ある噂話が今でも囁かれています。

それは「ウサギは寂しいと死んでしまう」というもの。
これは本当なのでしょうか?それともただの俗諺であり、都市伝説的にすぎないのでしょうか。

そこでここでは、ウサギが寂しいと死ぬと言われる理由や本当はどう思っているのかについてご紹介したいと思います。

ウサギは寂しいと死んじゃうというのはウソ?ホント?

ウサギはよく「ずっと1人にしておくと死んじゃうよ」なんて言われる動物です。
これは日本全国津々浦々で耳にするのですが、果たして本当なのでしょうか?それとも嘘なのでしょうか?

寂しいからと死ぬことはない

結論から述べますと、ウサギが寂しいからといってそれが原因で死ぬということはありません。
いわゆる1羽だけで飼っていて孤独死をするということはないということです。

そもそも野生のウサギを考えてみるとわかるのですが、ウサギはいつも集団行動しているわけではなく単独行動だって普通にしますよね。
群れを成していないウサギも逞しく生きています。

そのため寂しいからと言って死んでしまうなんてことは無いのです。

「孤独で死ぬ」という俗説がある理由

では、なぜ「孤独で死ぬ」というような俗説が広まるようになったのでしょうか。
そこには以下のような理由が説としてあげられています。

露店で売るためのセールストークから

昔は縁日などの露店でウサギが売られていました。
その際に1羽でも多く売ろうとして「1羽だと寂しくて死んじゃうから2羽以上飼った方がいいよ」というセールストークが横行していたそうです。

つまりはウサギを販売する業者が販売時に嘘をついたということですね。
これは悪質なペットの売り方となるため、現代では許されないことだと思います。

映画やドラマのセリフの影響から

映像作品では度々「ウサギは寂しいと死んじゃう」というセリフが使われています。
特にきっかけとなったとされるのは1993年に月9枠で放送された「ひとつ屋根の下」。
主要登場人物の印象的なセリフとして出てきます。

実際、「ウサギが寂しいと死んでしまう」という話が世に広がったのも、この作品以降といわれています。

映画やドラマのセリフを鵜呑みにして「そうだったのか」と信じてしまった人も多いのかもしれませんね。

飼いウサギが突然死することはありえる

ウサギは天敵に狙われないよう、弱っていても気丈に振舞う動物です。
これは小動物に多い傾向にあるのですが、弱みを見せると一気に捕食されてしまうため、それを悟られないように病気を隠すのです。

そのため、飼い主が気付かないうちにウサギ自身が衰弱していて、留守にしている間などに力尽きて死んでしまっているなんてこともあるわけです。
この急に亡くなってしまったウサギを、「あんなに元気だったのに突然死してしまったのは寂しくさせてしまったからだ」と勘違いしたとされることもあります。

しかし実際は、飼い主にも弱っているところを見せないように気丈にふるまっていたという事なんですね。

ウサギは密な状態が嫌い

ウサギは群れている動物のように思われがちですが、実は密な状況は好まない動物です。
寂しそうだと勘違いして多頭飼いするなど、あまり近づけるとむしろ逆に危険だったりします。

ウサギには強い縄張り意識がある

ウサギには縄張り意識があるので、狭い空間で多頭飼いすると縄張りが重なり合ってストレスになってしまいます。

むしろ寂しいだろうと思って多頭飼いすると、それ自体がストレスとなって寿命を縮めてしまうことに繋がるかもしれません。
そのため、極力は密になることを避けるべきです。

構わないのも問題

とはいえ、ペットとして飼育する以上コミュニケーションは取る必要があります。
コミュニケーション不足になるとストレスによる食欲減退を起こすなど人間と変わらない症状が出てきます。

家族として迎え入れるのですから、返事はもらえなくても挨拶をするなど声をかけてのコミュニケーションも大事という事です。

ウサギに関する豆知識

ウサギは寂しいから死んでしまう、というのはあくまでもウソです。
しかしウサギに関して本当のことで面白い豆知識がありますのでご紹介しますね。

ウサギの鳴き声は?

みなさんはウサギの鳴き声を聞いたことがるでしょうか?
「そういえばウサギの鳴き声を聞いたことがない」という人も多いのではないでしょうか。

そう、実はウサギは声帯がない動物なのです。
そのため、他の動物のように吠えたりすることもなければ、鳴くこともありません。

ところが、疑似的に鳴き声を上げることができます。
鼻を鳴らしたり、食道をすぼめることで鳴き声に似た音を発するのです。

下の動画では「プゥプゥ」とも聞こえる音を立てています。
これは嬉しい時や機嫌のいい時、甘え声と考えられています。

動画はこちら

こちらの動画では、逆に高い音で「キーキー」と音を立てています。
これは危険を感じている時や苦しい時、恐怖を感じている時の鳴き声とされています。
この動画内のうさぎはまだ小さい野生種のようですので、人間に捕まって命の危機を感じたのかもしれませんね。

詳しくはこちらの記事で紹介しています
犬が「ワン」で、猫が「ニャー」・・・では、うさぎの鳴き声は?

ウサギは実はお盛ん

ウサギは常に発情期で妊娠中に妊娠してしまうほど性欲が強い動物でもあります。
繁殖力も高くて、一度の出産で10匹前後産むこともあるなど、かなりお盛んな動物なのです。

カジノなどの衣装として使われるバニーガールも、そんなセクシーなイメージからあのような露出の多い衣装になったとされています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください
うさぎはとっても性欲の強い動物だった!?プレイボーイのロゴに秘められた真実とは?

ウサギの数え方は「匹」ではなく「羽」

雑学番組などで昔から取り上げられることもありますが、ウサギは匹ではなく羽で数えます。

その理由は、かつて獣を口にできない僧侶が2本足で立つウサギを鳥だとこじつけて食べていたことに由来しています。
その他、ウサギの耳が鳥の羽に見えることからそう数えているという由来もあるなど、ちょっと不思議な数え方なのが特徴です。

詳しくはこちらの記事で紹介しています
うさぎの数え方の謎!「匹」と「羽」どっちが正しいの?由来も併せて紹介!

まとめ

ウサギは寂しいと死ぬと言われていますが、そのようなことはありません。
むしろ寂しいと思って多頭飼いすると、それがストレスとなって死んでしまう確率の方が高いかもしれません。

縄張り意識が強くて警戒心もある動物なので、そこは無理に寂しそうだからと構ってあげるのではなく、適度な距離で育てていくのがベストです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(GRUNTING BUNNY) / YouTube(Catching a Baby Screaming Bunny) / YouTube(Pika Conversation)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事