みんなが日傘を使いやすい風潮に変わっていけば・・・日傘の利用促進ポスターが話題に!

日傘と言えば女性が利用するイメージがありますが、近年では男性や子ども向けの日傘も増えています。

それでもまだ日傘をさすのに抵抗がある、周りの目が気になるという方は多いと思います。

そんな偏見や風潮を一掃し、誰もが気軽に日傘をさしやすい世の中になるようにという願いを込め、制作されたポスターが話題になっています!

ますます必要性が増す日傘

日本気象協会からの依頼を受け、ポスターを制作されたのは、コンテンツクリエイターのもにゃゐずみ(@Monyaizumi)さん。

体感温度が7℃下がるという日傘の効用や、日傘イコール女性という偏見をなくそうと呼びかけてみたり、どれもこれも印象的なキャッチコピーとビジュアルが響いてきますよね。

また、日傘をさすことで相手との距離が必然的に確保できるため、ソーシャルディスタンスを励行するためにも有用であることも訴求しています。

確かに、小さな子どもがソーシャルディスタンスを確保することはなかなか難しいと思いますし、日傘をさすことで熱中症や紫外線への対策だけでなく、コロナ感染予防にもなりそうですね。

子ども用・男性用の日傘がブームに

前述しましたが、日傘は今や女性だけの文化ではありません。子ども用・男性用の日傘の売れ行きが好調となるなど、今や老若男女が日傘を利用している時代です。

今年はコロナ対策も兼ねていることが、日傘の売れ行きに拍車をかけていると思います。

みんなが日傘を使いやすい風潮に変わっていけば

今回の投稿に対しては、「みんなが日傘を使いやすい風潮に変わっていけば」と願う声や、「男性用や子供用のおしゃれ日傘がもっと出回ればいい」といった声が寄せられていました。

「雨降ったらみんな当たり前に傘さしてるんだし、晴れの日もさせばいいのにね」という意見はごもっともですね。

年々気温は上昇していますし、ウイルスが蔓延する世の中で健康を維持していくためには、見た目がどうこう言っていられないというのはあると思います。

熱中症や紫外線の対策、そしてソーシャルディスタンスを確保するためにも、日傘を利用してみてはいかがでしょうか!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Monyaizumi) / Twitter(@FNN_News) / Twitter(@Melonsoda2555) / Twitter(@higasamaster)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事