猫は地震を予知することが出来る?実際に地震直前に何かを感じている動画も!

動物には常に危険を予測する能力が備わっているのですが、その中でも特に猫は人一倍敏感な生き物だと言われています。

そんな猫は地震さえも予知することができる動物だと考えられています。これは眉唾な話のように思われていますが、実際に地震直前に異常行動を起こす猫が多数目撃されているのです。

そこで、ここでは本当に猫は地震を予知することができるのか、動画と併せてご紹介します。

猫の地震予知

猫の地震予知に関しては、実は何千年も前から人間たちの間で噂されています。事実、大地震の前には猫が興奮したりする他、姿を消したりするなど普段と違った行動をするということが確認されています。

電磁波を感じ取ることが出来るから?

では、なぜ猫は地震を予知できるのでしょうか。これに関しては確証はないものの、様々な仮説が立てられています。

有力なものは、猫は電磁波を感じ取ることが出来るというものです。

大きな地震になると、その前兆として地下のプレート同士が擦れたりぶつかったりという現象がいつもより多く起きます。その活動により電磁波が発生し、この電磁波を敏感に感じ取り、いつもとは違う様子に異常行動を引き起こすのではないかと言われています。

地震予知行動

地震の予知行動に関しては一定ではないものの、共通して普段とは違った行動をすることなどが挙げられています。ここからは実際に阪神淡路大震災や東日本大震災の際に猫が取った異常行動の例をご紹介します。

阪神淡路大震災や東日本大震災では約2割~4割の猫が異常行動

日本に大打撃を与えた阪神淡路大震災や東日本大震災の際、飼い猫として飼われていたペットたちの約2割~4割が異常行動を示したとされています。

厳密に統計を取ったわけではないので判断が難しいですが、それでも猫の中にはやはり「得体のしれない何か」を感知する能力があるのかもしれませんね。

行動例

以下、実際に地震の際、猫が取った異常行動の一部となります。もし猫を飼っている人がいるのなら、普段の行動とは違った行動していないか確認してみましょう。

1.落ち着きがなくなった
2.大声で鳴き続けた
3.痙攣のように震えていた
4.子猫を外に出した
5.自分だけ姿を消した
6.高い場所に逃げた
7.警戒して敏感になった

これらはあくまでも一部なのですが、明らかに通常の行動とは違う行動を示すことが多くなるとされています。特に興奮して攻撃的になるなど、かなりナイーブでナーバスな状態になっていると言えるでしょう。

猫が変な行動を取っていたら、それは大地震のサインかもしれません。

実際に様子を捉え話題となった動画

猫が異常行動をすることは稀にあるのですが、やはり普段寝てばかりの猫が違う行動をするというのは普通ではありません。

以下、実際に話題となった動画となりますので、時間があるという方は一度目を通してみてください。

動画はこちら

これらの動画からもわかるように、地震が来る前に猫は何かしらの異変を察知して、行動に変化が見られます。この猫たちが普段どのような生活をしているかまではわかりませんが、それでも動画を見れば異常行動も多々確認できますよね。

猫だけではなく、このように地球の活動に応じて反応する動物は他にもいます。それこそ地震に関するものだと「ナマズが暴れていたら地震が発生する」なんて話も聞きますよね。

とにかく、大きな地震がある際にはその前にすでにある波長が発生しているため、猫はそれを感じ取っているのだという結論が有力だと言えるでしょう。

もし、猫を飼っている方が普段と違う行動を確認した際には、地震に備えておくのが安心かもしれません。

まとめ

猫に地震予知の超能力があるのかは、厳密にはわかっていません。しかし、人間よりも遥かに優れたセンサーを持っている猫は、微弱な地球からの波長を感じ取り、地震もある程度は予測できるのかもしれません。
そういう意味ではこれも生存本能の1つなので、ぜひ猫を飼っている人は日々の行動にも注目してみてください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(猫カフェキャッチー 地震)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事