何気ない日常に切り抜いた紙をプラスして作ったコラージュ作品がユニークで面白い!

米ワシントン州シアトル出身のストリートアーティストであり、音楽プロデューサーとしても活躍されているルディ・ウィリンガム(@rudy_willingham)さん。

そんなルディさんが何気ない日常の風景に切り抜いた紙をプラスすると、あらビックリ。魔法がかかったように素敵なコラージュ作品が誕生するのです!

日常に可愛いキャラクターが出現!

日常でふと、「この色ってあのキャラクターみたいだな」「この形って○○に似てるな」といったことを感じたことはないでしょうか?

ルディさんはそうした想像や発想を具現化してしまう方。街にあるモノや自然を活かしたユニークな作品を数多く制作されています。

では、早速作品をご覧ください。まずはディズニー映画やアメリカのアニメなどに登場するキャラクター篇です!

ひまわりの黄色い花びらがフサフサのたてがみに!?『ライオンキング』の主人公シンバです。

真っ赤な花を背景に、目・鼻・口のパーツを残して切り抜いた紙をプラスすると、『セサミストリート』のエルモに!

道端の消火栓に顔や洋服のパーツを切り抜いた紙を貼り付けると、『ザ・シンプソンズ』の主人公ホーマー・シンプソンに変身。ちゃっかり手にドーナツも握ってます。

こちらも『ザ・シンプソンズ』のキャラクター。縦に伸びるパープルの花でホーマーの妻、マージ・シンプソンの特徴的な髪形を完璧に表現。

ジョウロから飛び出すのは、『アラジン』に登場する最強の魔人ジーニー。日常がファンタジーの世界に様変わりですね!

人物バージョンも面白い

また、映画に登場する人物キャラクターや、実在する人物をモチーフにした作品も制作されているルディさん。そちらもかなり面白い仕上がりとなっています。

MLBのシアトル・マリナーズで活躍した元プロ野球選手、ケン・グリフィー・ジュニアさんがグローブでキャッチするのは神々しい輝きを放つ光のボール。

夜の水面に『ハリー・ポッター』の主人公を重ねると、水面に浮かぶ月の光によって杖から”魔法”が放たれているように。

今も世界中にファンが多い伝説のアクションスター、ブルース・リーさん。太陽という名のスポットライトを浴びているようですね。

こちらは大人気海外映画『ブレイキング・バッド』の主人公、ウォルター・ホワイト。同作を知っている方はお気付きですよね。壁に設置された消火栓のヘッドで、作中でウォルターが使用している「ガスマスク」を表現しているのです。

日本では「ブリちゃん」の愛称で知られるアメリカの女性歌手ブリトニー・スピアーズさん。満開の桜の花にドレスのパーツを切り抜いた紙を重ねると、ゴージャスな桜ドレスを纏った姿に。

いかがでしたか?想像力や発想力の豊かさに加えて、それをユニークなアイディアで具現化してしまうずば抜けたセンスに驚かされますよね。ルディさんのInstagramでは他にも沢山の作品が紹介されていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

ルディさんのInstagramアカウントはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@rudy_willingham)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事