つつじの漢字表記は「躑躅」と大変難しい。この表記の由来は躊躇から来た?

みなさん、つつじの花は見たことがありますよね?
つつじは日本人に最も親しまれている植物の1つであり、至るところに自生していますし庭木にもされている身近な花のひとつです。

春になるとピンクや赤、白などの美しい花を咲かせてます。このつつじは漢字で表記すると「躑躅」と書きます。
他に使われているのを見かけることのない漢字で、読むのも書くのもとても難しい字ですよね。

実はこの「躑躅」という表記の由来は「躊躇(ちゅうちょ)」から来たと言われているんですよ。
ここでは「躑躅(つつじ)」の漢字表記の由来について分かりやすくまとめてみましょう。

見出しつつじとは

庭木としてよく用いられているつつじ、その特徴をまずは見てみましょう。

つつじの特徴

つつじは日本に自生している野生種からたくさんの園芸種が生まれました。
大きくなりすぎず、栽培しやすいのが特徴で、庭木としてよく用いられています。

強健な性質で、美しい花を咲かすつつじにはたくさんの品種が存在しており、野生種だけでも50種以上存在するといわれます。
その花の色や形、葉の大きさ、形などは品種によってまちまちです。

つつじは日本に自生しているため、育てるのは難しくありません。
あまり手間をかけなくても毎年綺麗な花を咲かせてくれます。

ただしアブラムシや毛虫のような害虫は付きやすく、被害を受けると花付きが悪くなることも・・・。
日当たりと水はけがよく、肥沃な土の場所であればどこでも育てることができるでしょう。

開花時期

つつじの開花時期は4月中旬~5月中旬頃です。
春から初夏にかけて多くみられ、国内でも場所によっては5月下旬まで咲いているところもあるようです。

つつじの満開時期は5日~1週間程度とあまり長くはありません。

名前の由来

つつじという名前の由来とされる説に関してはいくつかありますので、それぞれご紹介します。

花が筒状になっている

つつじの花は筒状になっています。
この花の形状から「つつじ」と呼ばれるようになったといわれています。

「続き咲き木」という意味

つつじの花は、次々に連なり咲いていきます。
その様子は「ツヅキサキギ(続き咲き木)」と言われており、ツヅキサキギが省略されて「つつじ」になったそうです。

「続き茂る」という意味

つつじの花は、次々に重なり咲く様子から、「ツヅキシゲル(続き茂る)」と言われています。
このツヅキシゲルが省略されて「つつじ」になったともいわれています。

躑躅と書く由来

つつじは漢字表記にすると「躑躅」と書きます。
画数も非常に多く難しい漢字となっていますよね。

ではなぜこのような表になったのでしょうか?

躊躇からきたとされる漢字表記

「躑躅」という漢字はためらうことを意味する「躊躇(ちゅうちょ)」からきたといされています。
つつじの花と躊躇、その間にはどのような関係があるのでしょうか。

美しさに立ち止まる

つつじの花はとても美しく、ついついその美しさに見惚れて立ち止まってしまうことがあるとされる花です。
このことから、ためらうことを意味する躊躇の語が当てられて、のちに「躑躅」と書くようになったとされています。

毒を持ったつつじを羊が食べると歩けなくなる

つつじの中には毒を持った品種もあります。
そしてその毒を有するつつじの葉っぱを食べた羊が、歩けなくなって死んだことが由来となっているともされています。

もう一つの読み「てきちょく」

「躑躅」は「つつじ」だけでなく、もう一つ読み方があります。
それが「てきちょく」です。躑躅(てきちょく)とは足踏みしてなかなか進まないこと、立ち止まること、躊躇しながら進むことなどを意味します。

前述の羊が食べると、というのも躑躅して死んでしまうことから、付けられた名称ともいわれています。
羊が食べると躑躅した後死んでしまう葉がある植物、という事ですね。

つつじと日本文化

古くから日本に自生しており、人々に親しまれている花木であるつつじは日本文化との関係も深いです。
ここではつつじと日本文化の関係性についてもご紹介します。

和歌や俳句に使われるつつじ

つつじは、大昔から日本の野山に咲いていたため、桜の終わった後、山吹や藤と並んで晩春を彩る花木の象徴とされてきました。
そのため、万葉集、古今集の時代から数多く詠まれています。

また、「つつじ」は俳句における春の季語でもあり、「躑躅花(つつじばな)」は短歌における枕詞として使用されています。
枕詞とは、、特定の語の前に置くことで続く言葉を修飾する他、語調を整える役割のある言葉です。

つつじは美しい花を咲かせることから、「花のように美しい女性」という意味を込めて用いられます。
そしてその後には「にほふ」や「にほえをとめ」が続きます。
つまり、つつじは「にほふ」「にほえをとめ」の枕詞ということです。

例えばつつじを使った有名な和歌として、歌聖と呼ばれる柿本人麻呂の「つつじ花 にほえ娘子(をとめご) 桜花 栄え娘子」などがありますよ。

つつじの専門書が江戸時代に出される

つつじの専門書は、なんと江戸時代に刊行されているんです。
元禄5年(1692年)に江戸染井村で植木屋を営んでいた伊藤伊兵衛が刊行した「錦繍枕(きんしゅうまくら)」が、世界最古のつつじの専門書であると言われています。

この専門書、つつじやサツキを図入りにした解説書で、175品種のつつじ、161品種のサツキが紹介されています。
江戸時代にそれほど多くのツツジの品種があったのは驚きですね。

これだけ品種が豊富にあった背景には、元禄年間につつじのブームが来たことが影響を与えています。
武士や町民などといった身分を問わずにこのつつじブームは広がり園芸品種の開発がすすめられたんだとか。

まとめ

つつじは日本古来の花であり、日本人にとってはなじみ深いで
つつじを漢字表記すると「躑躅」と書き、ためらうことを意味する「躊躇」が由来となっています。

色とりどりに咲いたつつじ花は、思わず進むのを躊躇って見入ってしまうほどの美しさがありますよね。
そこからこの難しい漢字表記は来たともいわれていますよ。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事