コラムとはどんな意味?コラムニストやエッセイストは何が違うのか?

コラムとはよく耳にするけれど、似たような言葉にエッセイというものもあり、困惑してしまう人も多いのではないでしょうか。

筆者も自身でブログをやっているのですが、そこでコラムとエッセイの意味を履き違えて使っておりました。本来、コラムとは形式や題材があり、エッセイとはそれらに縛られない完全に自由なものだそうです。

そこで、ここではコラムとエッセイが持つそれぞれの意味はもちろん、違いについてもご紹介します!

コラムとは

コラムとはどういうものを指すのでしょうか。まずはコラムという言葉が持つ意味についてご紹介するので、間違って使いがちな人は正しい意味を理解しておきましょう。

元は円柱?

もともとコラムという言葉には「円柱」という意味があるそうです。
特に横書きの英字新聞では縦型の余白がしばしば出ることがあり、その余白に収まる批評や意見を書いた短い記事が柱のように見えることから「コラム」と呼ばれるようになったとされています。

筆者の意見を入れる

コラムはただ事実を伝える記事というよりも、筆者の意見を入れるのが通例であり、個人的な見解や私的な意見を織り交ぜて書くのが普通です。

ただ、コラムには必ず根拠となる情報が書かれている必要があり、それに対して筆者が「どう思ったのか」「どう感じたのか」などを書いていくスタイルが主流となっています。

イメージとしては小さな論文のような感覚であり、個人的な文章も取り入れて書くのがコラムというものです。

ちょっとした記事

コラムはサッと読める端的な文章となっているのも特徴であり、あまり長くなるようなものには使わない言葉となっています。
主張や結論がわかりやすくまとめられており、無駄な話を削ぎ落している印象が強いですね。

その一方で、誰が読んでもわかりやすくすることが必要となるため、堅苦しい文章というよりは気軽に読める文章になっていることが多いです。

エッセイとは

逆にエッセイとはどういうものを意味するのでしょうか。ここからはエッセイという言葉が指すものについてご紹介するので、併せて正しい意味を覚えておきましょう。

フランス語が語源

エッセイはもともと「試み」を意味するフランス語「essai」から来ており、フランス人思想家のモンテーニュが書いた「エセー」が「エッセイ」の始まりとされています。

英語のエッセイは別

英語の「essay」という言葉があるのですが、これは学術などの形式に則って書く小論文という意味があるため、別物として考える方が良いかもしれません。

こちらの場合は序論から本論、結論まで論文のように書いていくことが必要となるため、フランス語が語源のエッセイと英語が語源のエッセイを誤用しないように注意しなくてはなりません。

自由に筆者が書く記事

エッセイは根拠がなくても良い文章を指しており、自身が体験したことなどを自由に綴るのが特徴となっています。いわゆる作文のように、自分が思ったことをどんどん書いて良い記事のことを指すのです。

つまり、個人のブログや日記、体験談などはすべてエッセイに含まれれると言って良いですね。

筆者もブログでは大々的に「コラム」なんて記事を作成していましたが、実はただの「エッセイ」だったということになります。

コラムとエッセイの違い

コラムとエッセイについてはそれとなく違いもわかったものの、具体的にどう違ってくるのかというのはまだ理解が及んでいない人もいるかもしれません。ここからは簡単にそれぞれの違いについて解説します。

記事の自由度

コラムとエッセイの最大の違いは記事の自由度にあると言えます。

コラムは形式や題材があり、エッセイは完全に自由です。
コラムは新聞や雑誌など特定の場所に掲載する「型のある記事」であり、エッセイは掲載場所に関係なく「型にはまらない記事」と理解しておけばわかりやすいと思います。

ただ、フランス語が意味するものと英語が意味するものでは捉え方が違ってくることもあるので、そこだけは注意が必要です。

根拠となる情報が書かれているか

コラムとエッセイには根拠となる情報が書かれているかどうかによっても、違いが生まれてしまいます。
コラムには根拠のある情報が必要で、エッセイには根拠のある情報は必要ありません。

コラムはどちらかというと事実を伝えつつ筆者が思っていることや感じていることを述べるのに対して、エッセイは根拠がなくても自由に述べることのできるものなのです。

コラムニストとエッセイストの違い

コラムとエッセイが違う意味を持つように、コラムニストとエッセイストにも違いがあります。ここからはその違いも簡単にご紹介します。

有名なコラムニスト

有名なコラムニストとしては山田五郎さんや勝谷誠彦さんなど、もともと記者や編集者などを経験してきた人が多い傾向にあります。

これらコラムニストの方々は職業柄、何かに対して意見を言うのが上手であり、事実に基づいた根拠のある情報を収集して、そこに自分独自の視点を落とし込んでいくのが上手な人たちです。

有名なエッセイスト

有名なエッセイストとしては徒然草の吉田兼好(兼好法師)やブログから有名になった犬山紙子さんなど、もともと作家などの創作活動を得意とする人が多いです。

根拠のある事実から文章を作っていくというよりも、創作という観点から記事を作ることのできる人たちなので、時には根拠がなくても面白い話がどんどん書ける人もいます。

中にはコラムニストと両方を名乗る人も多い傾向にあります。

まとめ

コラムとエッセイは同じもののように考えている人も多いですが、コラムは形式や題材があって根拠のある情報が必要なのに対して、エッセイはそれらに縛られない完全に自由なものとなっています。
どちらが良いとは言えませんが、文章表現をする人にとっては違いを知っておきたい言葉なので、ライターをやっている方なども含めて違いについては覚えておきたいですね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事