自転車で私有地に入る子どもの姿!チョークでサーキットを描いたら防犯カメラチェックが楽しみに♪

子どもの頃、知らずに他人の私有地に入ってしまい注意された経験がある方もいるのではないでしょうか?

バイク関連のYoutubeチャンネル「Canyon Chasers」を運営する男性は”立ち入られる側”の立場として、あるユニークなアイディアで対処したことを動画で明かし話題になっています。

防犯カメラのアラート発動の原因は子ども

事の始まりは、男性がガレージ前の私有地に設置している防犯カメラのアラートが頻繁に発動することにありました。映像をチェックしてみると、毎回同じ子どもが自転車で立ち入る姿が。


出典:Youtube

その子は両親と犬の散歩中に男性の私有地に入って、ぐるっとカーブするのが気に入っているようです。

チョークでサーキットを描いたら・・・

すると男性は、注意したり立ち入り禁止の策を取るのではなく、彼の奥さんのユニークなアイディアで対処することにしました。

それは、”チョークでサーキットを描く”というもの。


出典:Youtube

夜のうちに自作のサーキットを完成させた男性。すると翌日、防犯カメラにこんな映像が・・・


出典:Youtube

お母さんにスタート地点を教わって、サーキット上を走行するあの子の姿です。

これを見た男性は、コースをより楽しく安全なものに改良。


出典:Youtube

カーブ部分には「ゆっくり」、終盤には「目線を上げて」といった注意書きがされています。

この新たなサーキットにちびっ子レーサーも大喜び。


出典:Youtube

楽しく走行した後は、お父さんと防犯カメラに向かって手を振ります。


出典:Youtube

男性の素敵な対処の仕方、それに対し親子が感謝する姿。なんて優しい世界なんでしょうね。

自作サーキットはみんなのお気に入りに

男性はその後も度々コースの改良を行い、気付いたら自作サーキットはみんなのお気に入りに。あのちびっ子レーサーの他にも、ベビーカーを押して歩く人や、青年が走行する姿などが防犯カメラに映っていました。


出典:Youtube


出典:Youtube

男性はというと、防犯カメラの映像をチェックするのがすっかり楽しくなったようです。

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Youtube(@How I Deal With Kids Playing in My Driveway | The Saga of My Driveway Racetrack)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事