リトアニアの小籠包!作るのはめちゃくそめんどくさいけど最高に美味しいチキンカツが話題

リトアニア出身のTwitterユーザーリトアニアからの迷い猫(@lietuvoskicius)さんは、料理好きなことから「迷い猫料理長」という名で料理やレシピを紹介されています。

そんなリトアニアからの迷い猫さんが、”リトアニアの小籠包”と紹介する料理が美味しそうだと話題になっています!

小籠包のようなリトアニアのチキンカツ

バルト三国の一国であるリトアニアについて名前はみなさんご存知かと思いますが、料理についてはあまりご存知ではないですよね。

しかし、私たちが知らない最高に美味しいリトアニア料理が存在することが判明しました。中からバターが溢れ出てくることから、リトアニアからの迷い猫さんが”小籠包”と表現するリトアニア版チキンカツを早速ご覧ください。

日本のチキンカツとは異なる俵型のフォルムにナイフを入れると、サクサクっと美しい音が。

そして中からハーブが入ったバターが洪水のようにぶしゃーーーっと溢れる、溢れる!!

小籠包という例えがドンピシャの超ジューシーなチキンカツです。これは絶対美味しいですよね!

めちゃくそばちくそめんどくさいレシピを公開

リトアニアからの迷い猫さんによると、この料理は「Kijevo Kotletai(キエヴォ コトゥレタイ)」と言うそうで、ご自身のサイトでレシピも公開されています。ただし、「めちゃくそばちくそめんどくさいです。気をつけてください。」とのこと(笑)

そのレシピによると、常温に戻したバターにハーブを練りこみ、形成して冷凍庫に入れておくという下準備から始まり、鶏肉を叩いて薄く伸ばす、下味をつけてバターを包む、パン粉を2度づけして揚げる、オーブンで焼く・・・と、確かにめちゃくそばちくそめんどくさそうです(笑)

しかし、その手間と時間が掛かってこその美味しさなんでしょう。気力と体力が万全な日にでも、ぜひチャレンジしてみたいですね。

詳しいレシピはこちら

リトアニア料理と言ったばかりに・・・

また、今回「リトアニア料理」として紹介して下さったチキンカツは、ロシアや東欧近辺で食べられているそうで「ロシア、ウクライナ勢と戦争勃発しそうな勢い・・・」と恐れたリトアニアからの迷い猫さん。

Twitterには白旗を掲げる代わりに、リトアニアの伝統菓子「シャコティス」の写真を掲げられています(笑)

これでひとまず、チキンカツを巡る争いは回避できた(?)ことでしょう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@lietuvoskicius)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事