アンデスに住む「リャマ」と「アルパカ」の違いは何?その特徴を比べてみた!

南米大陸のアンデス地方に暮らすリャマやアルパカは、先祖が同じ動物であるところから似ている共通点も多々あります。
しかし、実際には大きさや耳の形、飼育目的などが違っているため、よく見ればしっかりと判断することもできます。

そこで、ここではとても似ているリャマとアルパカの違いについて、その特徴と併せてご紹介していきます。

リャマとアルパカの違い

まずは写真を見るのが早いので、以下の画像を確認してみましょう!

↑こちらがリャマです。

↑こちらがアルパカです。

どちらもラクダ科の動物ということもあって、その見た目はそっくりと言っても過言ではないのではないでしょうか?
事実、南米大陸のアンデス地方に生息するという点で共通しており、先祖も同じ動物だとされています。

ただ、違いもあるのでまずはその違いについて確認してみましょう!

大きさの違い

リャマとアルパカを比べるなら、大きさの違いに注目しましょう。

リャマの大きさ

リャマは体長が約1m前後で、頭胴長が約2mほどです。
成獣の体重は100kg前後、軽いもので70kg台、大きいものなら150kg近くになります。
足腰も筋肉質でたくましいため、見た目もずっしりどっしりしているという印象があります。

アルパカの大きさ

アルパカも体長は約1m前後で、頭胴長も約2mあります。
しかし、リャマよりも小柄なのが特徴で、一回り小さいです。
体重は50kg前後で、大きくても70kg程度とされます。

全身が柔らかくてかわいらしいため、見た目はモフモフで愛らしいという印象がありますね。

耳の形の違い

リャマとアルパカは耳の形も異なります。

リャマの耳の形

リャマの耳の形は尖っているのが特徴となっています。

アルパカの耳の形

アルパカの耳の形は丸っこいのが特徴となっています。

この両者の耳の形の違いが、見た目での判断がしやすい違いとも云われています。

飼育目的の違い

リャマとアルパカは人間のために働く個体も多く、古くから違う目的で飼育されてきたという歴史があります。

リャマの飼育目的

リャマは主に荷物の運搬を目的に飼育されています。
どっしりした体格から、人々の荷物を運ぶという役割を古くから担ってきたこともあって、アンデス地方では重要な「足」としても活躍しているのです。

アルパカの飼育目的

アルパカは体毛の加工を目的に飼育されていることが多いです。
近年は動物園などの展示で人気を集めていることから、単に体毛の加工だけで飼育されていないケースも増えましたが、それでもアンデス地域ではその上質な体毛が重宝されています。

リャマとアルパカの共通点

こちらはグアナコというラクダ科の動物で、実はリャマとアルパカの先祖とされています。
ここからはこのようにリャマとアルパカの共通点をご紹介するので、併せてご確認ください。

先祖は同じ?!

リャマとアルパカの先祖はグアナコというラクダ科ラマ属の動物で、同じくアンデス地方が原産の動物となっています。

インカ時代以前から人間の生活を支えてきた働き者とされており、その点でもリャマやアルパカと共通している点が多いです。
アンデス地方ではこれらラクダの仲間は重要なパートナーとして飼われていることも多く、人間の生活に欠かせない動物でもあります。

ただ、近年では肉や皮や毛を目的に乱獲されたことで、絶滅危惧種の動物となっています。

祭事に使われたリャマとアルパカ

リャマやアルパカは古くから祭事に使われた動物でもあります。
その点も共通点といえるのかもしれません。

1400年代のペルーで繁栄したチムー王国の遺跡からは、人間の子供の骨と一緒にリャマやアルパカの骨も大量に出土しています。
これらは何かの生贄など、祭事に使われたのではないかと考えられており、古くからラクダ科の動物が祭事に用いられたことを裏付けています。

インカ帝国においても、重要な儀式の際に生贄として捧げられていたともされている他、インカ帝国では医薬用としても使われたようです。

リャマとアルパカ、どっちが多い?

南米大陸にいるリャマとアルパカは、どちらの方が多いのでしょうか?

2010年~2012年ごろのデータによると、南米大陸全体でリャマは約440万頭、アルパカは約360万頭ほどいるとされています。
そう考えると単純にアルパカよりリャマの方が多いですね。

特に生息地であるぺルーやボリビアに多く分布していて、ペルーはアルパカが多くてボリビアはリャマが多いとされています。
これは生活様式の違いなどによるものも影響しており、アンデス地方でも地域によって個体数が違っています。

まとめ

リャマとアルパカの違いは大きさや耳の形、飼育目的などにあります。
これらの違いについては人間とともに生きてきたラクダ科の動物ならではのものとも言えるのかもしれません。

古くから祭事に使われてきたという共通点もあり、何よりラクダ科の同じ仲間でもあります。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事