「僕、お腹空いたよ‥」森で生後まもない小鹿が女性に助けを求めて保護された時の動画が話題に

今年7月、米ノースカロライナ州の森でハイキング中に生後まもない小鹿に助けを求められ、保護することにしたアンバー・スター・ウェストファールさん。その時の様子を撮影した動画が話題になっています。

お腹を空かせてアンバーさんの足を吸う小鹿

動画には、アンバーさんのもとへ鳴き声を上げながらヨチヨチ歩きで近づく小鹿の姿が。

出典:Youtube

「お母さんはどこなの?」と心配そうに尋ねるアンバーさんの足元にやって来ると、小鹿はある驚きの行動に出ます。

出典:Youtube

お腹を空かせていたようで、母親のお乳を吸うようにアンバーさんの足を吸い始めたのです。

「僕、お腹空いたよ・・」と、助けを求めているようです。

しかし、アンバーさんは母親が小鹿を置いて行動することがあるのを知っていたそうで、むやみに手を出さないほうがいいだろうと小鹿を残してその場を去ることに。

ところが帰宅しても小鹿の事が気になって仕方なかったアンバーさん。暗くなってもう一度、森へ向かうことにします。

出典:Youtube

すると、岩の上で眠る小鹿を発見。保護して自宅へ連れて帰ります。

出典:Youtube

ビニール手袋に入った牛乳を勢いよく飲む小鹿。稀な柄をした可愛いこの小鹿を、アンバーさん家族は「スカウト」と名付けました。

その後、保護団体「Turner’s Deer Camp Fawn Rescue」がスカウトを引き取ってくれることに。

この時アンバーさんは、スカウトが生後数日ほどしか経っていない赤ちゃんで、長時間ひとりぼっちでいたのだろうと保護団体の方から聞いたそうです。母親とはぐれてしまったのか、あるいは捨てられてしまったのでしょう。

可哀想なスカウトですが、保護団体のもとで元気にすくすくと成長し、保護から2ヶ月後の今年9月に無事森へと帰されたそうです。本当に良かったですね!

動画はこちら

アンバーさんのインスタにスカウトの成長ぶりが!

アンバーさんのInstagram(@amberwestphal54)には、森へ帰るまでのスカウトの成長ぶりが写真や動画で沢山紹介されています。

スカウトへの愛に溢れたアンバーさんの投稿を見ると、スカウトがアンバーさんに助けを求めたのは偶然ではなく、野生動物なりに「この人だったら・・」と直感で感じ取ったような気がしてなりません。

頑張れ、スカウト!

Youtube動画のコメント欄には、「スカウトが稀な柄をしているため、野生下で目立ってしまい危険にさらされるという理由で母親に捨てられたのだろう」といった声が見受けられます。真相は分かりませんが、その可能性も考えられますね。

どうかスカウトが厳しい自然の中を、たくましく生き抜いていけますように。頑張れ、スカウト!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Youtube(Tiniest Baby Deer Asks Woman To Rescue Him | The Dodo Faith = Restored)/ Instagram(@amberwestphal54)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事