一体どうやってるの!?レスキューの際に使われる車のガラス割りテクニックが凄い!

車に閉じ込められた人を救助する場合ガラスを割るケースが多いですが、中の人に安全な方法かつ素早く行わなければならず、素人には難しい気がしますよね。

今回ご紹介するのは2018年3月に米フロリダ州で救助トレーニングが行われた際に、救助インストラクターが披露した車のガラス割りテクニックの動画です。

グローブをはめた手でガラスをトントン

右の男性に対し、ガラスを叩くよう指示する左の男性。

出典:YouTube

指示通り、右の男性はグローブをはめた手でガラスをトントン叩き始めます。

出典:YouTube

この行動にどんな意味があるのでしょうか。

あっという間にガラスが!

これじゃいつまで経っても割れないでしょ。そう思った時でした。

出典:YouTube

右の男性がガラスを強めに叩いた直後、左の男性がついに動きます。

左の男性が右手でガラスを叩くと・・・

出典:YouTube

いとも簡単に割れました!

出典:YouTube

あとは周りの残ったガラスを軽く叩いたり、押したりするだけ。

出典:YouTube

まるで薄いプラスチックを砕いているかのようです。

出典:YouTube

あっという間の出来事に、撮影者の男性も「どうやって割ったんだい?」と不思議そうにしています。

一体どうやってるんだ!?

叩くだけでサクサクっとガラスが割れるなんて一体どんなテクニックなのか気になりますが、明かされているのは“特別な工具が必要”ということだけ。

動画のコメント欄には「左の男性がウィンドウパンチャー(強化ガラスを割るための釘のような工具)を隠し持っている」「きっとグローブが特別なものなんだ」といった声が上がっています。たしかに、よく見ると左の男性の手に何か握られているような。

特別な工具が必要とはいえ、救助現場で役立つテクニックであることは間違いありませんね。

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Rescue Technique Breaks Glass Effortlessly || ViralHog)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事