薬味に使われる「わけぎ」と「ねぎ」は別物?「わけぎ」は西日本と東日本で別物を指していた?!

薬味として使われる「わけぎ」と「ねぎ」はとても似た野菜なのですが、実は染色体の特性などから別物だと判明しています。
よく見ると「わけぎ」と「ねぎ」では姿も違いますし、実は原産もそれぞれ違ったりします。

そこで、ここでは「わけぎ」と「ねぎ」がどう違うのかという点についてご紹介します。
また、東日本と西日本で「わけぎ」といわれるものは別物だったりするので、この点についても解説します。

「わけぎ」と「ねぎ」の違い

まず「わけぎ」と「ねぎ」の違いについて解説します。
その姿は似た野菜ですが、大きな違いもあります。

「わけぎ」とは

「わけぎ」とはネギとタマネギもしくはエシャロットの雑種の野菜です。
ねぎの一種と考えられていた時代もありましたが、近年の研究により染色体の特性などが違うことが判明したそうです。

「ねぎ」とは

「ねぎ」は、中国西部もしくはシベリア周辺が原産とされる野菜です。
紀元前200年頃にはすでに中国各地で栽培されており、食材としてもとても古い歴史を持っていることがわかっています。
ちなみに、日本には奈良時代に伝わったそうです。

「ねぎ」は関東と関西で姿が異なる

「ねぎ」といっても、実は関東と関西で姿が異なります。

関東では「長ねぎ」「白ねぎ」と呼ばれる土中にある白い部分の多い「根深ねぎ」が主流とされています。
代表的な品種として、下仁田ねぎ・深谷ねぎ・矢切ねぎがあります。

関西でねぎというと、緑の部分が多い「葉ねぎ」が主流となっています。
代表的な品種に、九条ねぎ・観音ねぎ・難波葱などがあります。

これは姿ではなくて呼称なので余談となるのですが、「ねぎ」は収穫時期によってもそれぞれ「夏ねぎ」「冬ねぎ」と呼び分けることもあります。

西日本と東日本とでは「わけぎ」の指す野菜は異なる

東日本の「白ねぎ」と西日本の「葉ねぎ」で主流となっているものが違うように、「わけぎ」もまた西日本と東日本で違うものを指します。
特にわけぎの場合、ネギと違い、別種の野菜を指しています。

西日本における「わけぎ」

西日本では、上記のねぎとたまねぎの雑種のことを「わけぎ」と呼ぶのが主流となっています。
ちなみに、このタイプの「わけぎ」は、広島県三原市佐木島が全国出荷量日本一とされています。

東日本での「わけぎ」

東日本では、葉ねぎの一種である「分けねぎ」のことを「わけぎ」と呼ぶことが多いです。

「分けねぎ」は、埼玉県や千葉県などが主要生産地です。
「もてねぎ」や「あじさいねぎ」など品種改良で生まれた品種もあります。
2017年には「東京小町」などの新たな品種も登録されており、この「分けねぎ」が関東では「わけぎ」として流通しています。

「わけぎ」に似た野菜の「あさつき」とは」

そんな「わけぎ」には、もうひとつ似た野菜があり、「あさつき」といいます。
ここからは、そんな「あさつき」について解説しますね!

ねぎの中で最も細い葉をした「あさつき」

「あさつき」はヒガンバナ科ネギ属の球根性多年草です。
通常の「ねぎ」よりも色が薄く、食用とされる「ねぎ」の中では最も細い葉をしています。

この「あさつき」は日本では野草の一種とされており、山野で自生している姿が見られることもありますよ。

「あさつき」はハーブの「チャイブ」の変種

「あさつき」は、ハーブの「チャイブ」の変種とされています。

「チャイブ」はいわゆる「ねぎ」の仲間で、和洋中どんな料理にも合う万能なハーブです。
西洋の飲食店では「チャイブ」を使っているところも多く、料理に入れることで風味を際立たせるために用いられています。
また、マイルドな「ねぎ」の風味があるため、卵料理やじゃがいも料理にぴったりだとされています。
本来の「ねぎ」が持つ、独特の臭みがマイルドになっていることから、多種多様な料理に使用できます。

まとめ

「わけぎ」も「ねぎ」も薬味として使われることが多いですが、実際には姿も違えば原産も違います。

西日本では、ネギとタマネギもしくはエシャロットの雑種であるところの「わけぎ」が利用させますが、東日本で「わけぎ」と呼ばれるのは葉ねぎの一種「分けねぎ」です。
関東で目にする「わけぎ」は、本来の意味でのわけぎとはまた別物の「分けねぎ」という事も多いかもしれません。

簡単で効果抜群のネギスープの記事も併せてどうぞ!
風邪の時に飲みたい!ネギたっぷりスープのレシピ!ネギは本当に風邪に効くのか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事