35年以上ぶりに届いた手紙・・・人と人との縁や絆を感じさせる素敵なツイートが話題に!

皆さんは、数十年ぶりに自分宛てに手紙が届いたらどう思われますか?まず相手が誰なのか気になりますし、自分のことを覚えてくれていたことに驚きますよね。

今回話題となっているのは、35年以上ぶりに届いたという手紙にまつわるツイート。人と人との縁や絆を改めて感じさせてくれる内容となっています。

中学生の時に交流があった

投稿されたのは、TwitterユーザーのNaoki Ueda(@naokiueda)さん。手紙が35年の時を経て届いたことに対する驚きや喜びを綴っています。

手紙の送り主は、中学生の時に文通していたというお兄さん。当時、お兄さんは天文学者になることが夢だったそうですが、現在は夢を実現されていたとのこと。著書と一緒に送ってくれるなんて素敵ですよね。

そして、Uedaさんも言われていますが、覚えてくれていたことに本当に驚きますよね!きっとお兄さんにとって、Uedaさんの存在は大きく印象的だったのでしょうね。

当時のお兄さんもツイート

Uedaさんがツイートされた日の翌日・・・なんと!当時のお兄さん(現在は天文学者、理学博士)もツイートしていました。

共通の趣味、雑誌を通じて知り合ったことや、当時のUedaさんが何をしていたか?といった詳細まで綴られています。双方のツイートを読むと、人と人との縁ってあるんだなと改めて思わされますし、お二人の間に深い絆があることが伝わってきますね。

鳥肌が立ちました

お二人のツイートに対して、「鳥肌が立ちました。素敵過ぎます」と感動する声のほか、「人生、どんな時に、どんなことがあるかわかりませんね」という意見など多くの反響が寄せられていました。

確かに当時の文通のやりとりが、お二人にとってとても有意義なものだったのだと思います。だからこそ、35年以上経った今でも昔のように繋がれるのですね。

人と人との縁は大切にしたいですね!改めてそう感じさせてくれるツイートだったと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@naokiueda)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事