紙の上に鍵が置かれてるのかと思ったら・・・色鉛筆で描いた絵!?本物そっくりのリアルさに驚愕

紙の上に置かれた複数の鍵。ジャラジャラとぶつかり合う音が聞こえてきそうですよね。

今から驚きの事実をお伝えします。実はこちら...色鉛筆で描いた「絵」なんです!

作者は17歳の慧人さん

作者は、過去にFUNDOでご紹介したリアルすぎるコーラの絵と同じ方で、現在17歳の慧人(@Yassun0222K)さんです。

それでは慧人さんが投稿した鍵の絵(制作途中)のショットをご覧ください。

えっ、これ本物の鍵でしょ!?と誰もが思ってしまうであろう精巧さですよね。形状や色合い、光や影、錆びなど緻密に表現されていて立体感といい質感といい、私たちが知っている絵とはかけ離れたリアルさですよね。

拡大したものがこちら。

まじまじと観察しても絵だと見抜くことは困難ですよね。あまりの凄さにポカンとしちゃいます。

鍵の絵を見た人たちの反応

慧人さんの鍵の絵を見た人からは、「本物にしか見えません」「本物を並べて続きを描くのかと思ったら…全部絵?!」など驚きの声が続々と寄せられています。

どんなに才能があっても、それだけでここまで描くことはできませんよね。17歳という若さで慧人さんが努力を積み重ねてこられたことを証明する作品だと筆者も思います。

Twitterやインスタをフォローしてね!

ちなみに、以前FUNDOでご紹介した作品がこちら。

鍵の絵と同じく色鉛筆で描いた絵なんです。言葉を失いますよね。

こちらの作品についての記事もぜひ読んでみてください。
色鉛筆で描かれた「コカ・コーラ」の絵、制作したのは15歳の高校1年生だった!

また、慧人さんはこの他にも様々な作品を描かれています。興味がある方はTwitterやInstagramをフォローしてくださいね。

Twitterアカウントはこちら

Instagramアカウントはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Yassun0222K)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事