ヒマラヤさえ飛び越える?!「アネハヅル」とはどんな鳥

ツル科に分類されるアネハヅルは、優れた飛行能力を持ちます。
なんと、世界の名峰と呼ばれるヒマラヤ山脈を飛び越えるともされ、時にその飛行高度は飛行機並みになるのだとか。

そこでここでは、そんな高々度を飛べる鳥、アネハヅルについてご紹介します。
併せてアネハヅルがどういう鳥なのかも解説します。

アネハヅルとは

まず、アネハヅルがどんな動物なのかをご紹介します。

アネハヅルの大きさや姿

アネハヅルは、平均して全長約90cmほどです。
ツル科の中では比較的小さい種とされています。
中には100cmほどになる個体もいるそうですが、それでも体重が平均して約2kg~3kgほどです。

実際、日本人にとってなじみ深いタンチョウが体長1.5m前後、体重8kgほどとされますので、小柄なのは確かな様です。
有識者の中では、アネハヅルがツル科の中で最小種とされることもあります。

その姿は、全身青みがかった淡い灰色をしています。
頭は黒色で、眼の後ろに白色の房状の飾り毛があります。
喉の羽毛は胸を覆うほど長く、細く長い脚は黒くなっています。

ちなみに、オスとメスで色の違いはほとんどありません。

アネハヅルの生息域

アネハヅルは、チベット高原などのような高所にある山地やその中にある草原に生息しています。
また、インド亜大陸や北東アフリカや中東などで越冬します。

アネハヅルの生息域は、アジアから中東までのユーラシア大陸と、アフリカの一部地域なっています。
これらの地域の、平地から山地の平坦な草原を生息域としています。

また、東ヨーロッパや北アメリカなどでも繁殖することがあります。

アネハヅルはヒマラヤを飛び越える!!

アネハヅルは上空約5,000m~8,000mほどの高度を飛ぶ鳥です。
標高数千m級の山々が連なるヒマラヤ山脈も飛び越えることができます。
これは、現在確認されている鳥類の中では、特筆して高々度を飛べる鳥とされています。
ヒマラヤ山脈をも越えて生息地を移動する、「渡り」をする鳥はかなり希少だそうです。

アネハヅルがヒマラヤ山脈を越える理由

では、アネハヅルはなぜ非常に高い山の多いヒマラヤ山脈を越えるのでしょうか?
これは詳しくはわかっていません。
しかし、いくつかの仮説がありますので、一つその仮説をご紹介します。

アネハヅルの祖先は、遥か昔より何代にもわたって餌の豊富なインドへの渡りを定期的に繰り返していたと考えられています。
その本能が残っているため、現在でもヒマラヤ山脈を越えた渡りを行っているというのです。。

ヒマラヤ山脈がそこまで高くなかった時代、アネハヅルの祖先たちは悠々に山越えをすることができたと考えられています。
しかし、地殻変動によって高度が上がったことで、ヒマラヤ山脈は標高も数千mあり、容易に飛び越えることができない山脈に姿を変えました。

しかし、アネハヅルの祖先が渡りをやめることはありませんでした。
むしろ、酸素が薄い中でも渡りができる個体が生き残り、ヒマラヤ越えが可能なアネハヅルに進化したのではないかという仮説が立てられています。

ヒマラヤ越えはアネハヅルにとっても危険な旅

とはいえ、アネハヅルも余裕綽綽でヒマラヤ越えを行っているわけではありません。
ヒマラヤ越えの際には数百数千のアネハヅルがV字編隊を作って北から南へ越えていくのですが、途中で息絶えるアネハヅルもいるそうです。

上空の気温は氷点下約30℃~40℃の世界、酸素濃度は地上の3分の1で、台風並みの強風が吹き荒れる過酷な環境となっています。

無事にヒマラヤ山脈越えを達成したアネハヅルも、その羽はボロボロになってしまうそうです。

アネハヅルに関する豆知識

ここからはアネハヅルに関する豆知識をいくつかご紹介します。

アネハヅルの名前の由来

アネハヅルという名前は、その美しい飾り羽から来ました。

目尻の付近から生えた美しい飾り羽を持つその姿が、「凛として美しい女性」を彷彿とさせたといいます。
そこから「姉羽鶴」と呼ばれるようになったのだとか。

アネハヅルが日本にやってくることもある

ヒマラヤ山脈を越え、南西方面の中東や北東アフリカを目指すアネハヅルですが、稀に日本に渡来してきてしまう事もあるそうです。
チベット高原からみると日本は北東部ですので、真逆に進んできてしまったという事になりますね。

かつては江戸時代にも捕獲された記録が残っています。
その際に将軍へ献上された様子も絵図で記録されています。

また、この迷鳥のアネハヅル、現代の日本でも目撃されることがあるそうですよ。

まとめ

アネハヅルは、ツルの中でも小型で、ツルの最小種といわれることもあります。
しかし、その身体能力はすさまじく、他の鳥であれば越えることのできないヒマラヤ山脈を飛び越えて渡りを行います。

通常、チベット高原からヒマラヤ山脈を越えて中東や北東アフリカで越冬するのですが、稀になぜか日本に来てしまう個体もいるそうです。

関連記事はこちら

まるで王様みたい!冠を被ったような美しいアフリカのツル「ホオジロカンムリヅル」

折れたくちばしをチタン合金で復活したタンチョウヅルのロボ感がカッコ良い!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事