バズがミッションから帰還!機内に残されたおもちゃを発見した航空会社の神対応に感激!

幼い子どもにとって、いつも一緒に過ごしているおもちゃは友達同然。そんな大切な存在が突然いなくなってしまった時の悲しみは計り知れません。

アメリカの航空会社サウスウエスト航空の従業員は、機内に『トイ・ストーリー』シリーズの人気キャラ「バズ・ライトイヤー」のおもちゃが残されているのを発見し、持ち主の男の子のために神対応を見せました。

バズを忘れたことに気付いた時はもう遅く・・・

バズの持ち主は、家族と遠方での葬儀に参列するため飛行機に乗った2歳の男の子ハーゲンくん。

出典:Facebook

ハーゲンくん一家は親族の訃報を聞いて急遽フライトを予約し、テキサス州ダラスに向かっていました。

赤ちゃんや幼児連れのフライトは何かと慌ただしいもの。目的地であるダラス・ラブフィールド空港に到着した際、ハーゲンくんの両親は持ち物が全て手元にあると思っていましたが、その後バズを機内に置き忘れてしまったことに気付きます。

相棒のバズをなくしたハーゲンくんは悲しみでズタボロ・・・。ところが、不運なことに利用した飛行機はすでに別の州に向けて出発していたのです。

航空会社の職員が素敵な方法で返却

機内に置き忘れられたバズは、サウスウエスト航空のランプエージェントであるジェイソンさんによって発見されました。バズの足の裏には『トイ・ストーリー』を模倣して書かれた「ハーゲン」という名前があり、航空会社に登録されている連絡先情報によって2歳の男の子ハーゲンくんのものだと判明しました。

ジェイソンさんはバズを航空会社の遺失物取扱所に送らず、本人に届けようとハーゲンくんの両親に連絡。それだけではありません。とっても素敵な方法でバズを返却したのです。

ハーゲンくんのもとに届いた荷物がこちら。

出典:Facebook

ダンボールの箱はイラストや文字で『トイ・ストーリー』チックに装飾されていました。

また、箱の中にはこんな手紙が。

出典:Facebook

手紙はバズから“ハーゲン司令官”へ宛てたもので、ミッションを終えて帰還できる喜びが綴られています。

さらに、ミッション地でのバズの奮闘ぶりが分かる写真も入っていました。

出典:Facebook

忘れ物を届けてくれるだけでも有難いのに、このサプライズは嬉しいですよね。

深く感動したハーゲンくんのお母さんが一連の出来事をFacebookで明かし、サウスウエスト航空もストーリーをFacebookで紹介。サウスウエスト航空の投稿を見た人からは、ジェイソンさんが見せた粋な対応に称賛の声が寄せられています。

ハーゲンくんはバズの帰還に大喜び

サウスウエスト航空は、投稿のコメント欄でハーゲンくんがお母さんと一緒に荷物を開封する動画も公開。相棒バズの帰還にハーゲンくんは大喜びだったようです。

出典:Facebook

話を聞いたこちらまで笑顔になります。ハーゲンくん、本当に良かったね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@SouthwestAir)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事