「カフェオレ」と「カフェモカ」の違いは?見分けるポイントを解説!

コーヒーにミルクを入れた飲み物の種類は豊富です。
例えば、カフェオレやカフェモカやカフェラテなどが有名ですね。
その他、名称が異なるカプチーノなどもあります。
これらは似ているようで、実際には別物です。

そこでここでは、それらコーヒー関連の飲み物の違いを解説します。

「カフェオレ」と「カフェモカ」

まずはカフェオレとカフェモカの違いを見ていきましょう。

「カフェオレ」はこんな飲み物

カフェオレは、フランス発祥の飲み物です。
コーヒー豆をドリップして牛乳と5:5の割合で作ります。

名前の「レ」はフランス語で「ミルク」を指しており、「オ」は「~入りの」という意味を持っています。
直訳すると「ミルク入りのカフェ」という意味になりますね。

「カフェモカ」はこんな飲み物

カフェモカは、アメリカ発祥のコーヒーの一種です。
抽出したエスプレッソに、チョコレートやミルクを混ぜて作ります。
シロップやホイップクリームなどを入れる場合もあります。

ちなみに「モカ」とはモカコーヒーのことです。
モカのコーヒー豆にはカカオに似た風味があることから、カフェモカはそれに似せて作った飲み物とされています。
また、エスプレッソを使っているのは、イタリア風をイメージしているからなのだとか。

「カフェラテ」との違い

ここからはカフェラテとの違いについても見ていきましょう。

「カフェラテ」の意味

カフェラテは、イタリア発祥のコーヒーのスタイルです。
「ラテ」はイタリア語のミルク「ラッテ」が変化した言葉です。
直訳すると「コーヒーミルク」を指します。

ミルクを入れるという点ではカフェオレと共通点もあります。
ただ、抽出方法に違いがあります。

「カフェオレ」との違いは抽出方法

カフェオレのコーヒーは、ドリップコーヒーを指します。
コーヒー粉の上からゆっくりとお湯を注ぎ、抽出するコーヒーの淹れ方です。

カフェラテのコーヒーは、エスプレッソコーヒーです。
こちらは、エスプレッソマシンで抽出します。
コーヒー粉に圧力をかけてお湯を押し出し、一気に抽出するのです。

ミルクの分量も違うかも

厳密な定義はないものの、ミルクの分量にも違うことがあります。
カフェオレは「コーヒー5:ミルク5」の分量が一般的とされます。
対してカフェラテは「コーヒー2:ミルク8」の分量が一般的とされています。

それぞれの分量で味も変わってきますので、ミルクの分量で分類しているところもあります。

「カプチーノ」との違い

ここからはカプチーノとの違いについてご紹介します。

「カプチーノ」の名前の由来

カプチーノという名前は、カトリック教会の一派「カプチン会」の修道士に由来するとされています。
彼らが着るフード付き修道服「カップッチョ」が茶色いことから、似たような色合いのこの飲み物の呼び名とされたのだとか。
他にも、コーヒーを白い泡で囲んでいるのが頭頂部を剃り上げている修道士の姿に似ているからとも言われています。

「カフェラテ」との違いはミルク

カプチーノは、カフェラテと同じくエスプレッソとミルクから作ります。
しかし、使用するミルクの質が異なります。

カフェラテのミルクは、蒸気で温めたスチームミルクです。
しかしカプチーノは、スチームミルクの他に泡立てたフォームミルクも使います。
そのため、見た目が泡立っているのがカプチーノと分類されます。

まとめ

カフェオレとカフェモカは、発祥の地が違います。
カフェオレはフランス、カフェモカはアメリカが発祥です。
また、使用するコーヒーやミルクの分量も異なります。

似たような飲み物のカフェラテは、ミルクの分量だけでなく抽出方法も違います。
カプチーノもまたイタリア発祥の別の飲み物となります。
これらはフォームミルクを使うかどうかという違いがあります。

関連記事はこちら

「玉露」とはどんなお茶?緑茶や煎茶、ほうじ茶とは違うの?

【缶コーヒーの豆知識】「無糖・微糖」には定義があった!甘さひかえめとはなにか、コーヒーとコーヒー飲料の違いも解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事