悪事千里を走る

人の良い噂はなかなか広まらないものですが、悪い噂というのは一瞬で広まります。
そんな状態を表現した言葉が「悪事千里を走る」です。
文字通り悪い行いは千里まですぐ知れ渡るということですね。

ここでは、そんな「悪事千里を走る」についてご紹介します。
意味はもちろん由来や類義語についても併せて解説します。

「悪事千里を走る」とは

 

まずは「悪事千里を走る」の意味を見ていきましょう。

「悪事千里を走る」の意味

「悪事千里を走る」は、悪い行いについての情報は瞬く間に世間に知れ渡るという意味の例えです。

悪事というのは遠く離れている場所でも、簡単に広まってしまいます。
そんな状態を的確に表現したのが「悪事千里を走る」という言葉です。
これらは、悪事を働いてはいけないという教訓でもあります。

「悪事千里を行く」「悪事千里を伝う」とも表現されることがあります。

この意味合いで使うのは間違い

「悪事千里を走る」は、悪事の行い方はすぐ伝播するので被害が拡大していくという意味ではありません。

マルチ商法や振り込め詐欺の方法が悪徳業者の中で広まることを指して「悪事千里を走る」とは表現しません。
あくまでも悪い評判などが広まることを意味します。

「悪事千里を走る」の由来

 

では「悪事千里を走る」は中国で生まれた言葉とされます。
ここからは「悪事千里を走る」の由来についてご紹介します。

「北夢瑣言」の一節から

「悪事千里を走る」は、もともと中国の古いことわざです。
「北夢瑣言」という書籍の一節に登場したのが始まりです。

北夢瑣言の中の「好事門を出でず、悪事千里を行く」という一文から来ました。
良い行いはなかなか人に伝わらないものだが、悪い行いはあっという間に世間に知れ渡ってしまう、という意味の文になっています。

「好事門を出でず」とは、良いことが広まらないことを意味します。
つまり「好事門を出でず」が「悪事千里を走る」の対義語となっているわけです。

「北夢瑣言」とは

「北夢瑣言」とは、孫光憲が唐末から五代の時代にかけての著名人の逸話を集めた書籍のことです。

著者の孫光憲は、中国の文学者です。
彼は五代の王朝のひとつ後唐で、荊南節度副使という役職を務めた人物でもあります。
五代の時代が終わり宋の時代になると、宋に仕えて黄州刺史という官職に就いています。

「北夢瑣言」などを著述していますが、漢詩などを詠む詞人でもあり当時の詩歌をあつめた「花間集」にもその名前が載っています。

「悪事千里を走る」の類義語

 

ここからは「悪事千里を走る」の類義語にはどのような言葉があるのかをご紹介します。

「人の口に戸は立てられぬ」

「人の口に戸は立てられぬ」とは、世間の人が噂するのはどうにも止めようがないことの例えです。

このことわざの「立てる」は、戸を閉めることを意味します。
つまり、家の戸を閉めるように人の口の戸を閉めることはできないことをあらわしているのです。

噂が世間に広がるのはどうしようもできないということを伝える際に用いられます。

「隠すより現る」

「隠すより現る」とは、隠そうとすればするほどかえって人に知れやすいことの例えです。

人は隠そうとするほどにボロが出てしまいます。
そんな状況を的確に表現したのが「隠すより現る」です。
実際に隠そうとすること自体が目立ってしまい、かえってバレやすくなってしまうことって多いですよね!

これは嘘をついた人が嘘を隠そうとして嘘を重ねる状況に近いです。
嘘をつけばつくほど整合性が取れなくなり、結果ボロが出ますよね。
それをうまく表現したのが「隠すより現る」という言葉となります。

まとめ

「悪事千里を走る」は、悪い噂などはすぐ広まることを意味します。
特に悪いことをしたという情報はすぐ知れ渡ることを指す言葉です。
その由来は、かつて中国で活躍した文学者の言葉から来ています。

類義語は「人の口に戸は立てられぬ」や「隠すより現る」などです。
対義語は「悪事千里を走る」の元となった言葉にも出てくる「好事門を出でず」です。
こちらは、正しい行いや良いことというのはなかなか広まらないという意味があります。

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事