フランス生まれのベニエってどんなお菓子?ドーナツやマラサダとの違いは?

ベニエは、フランス生まれの油で揚げて作るお菓子です。
国によっては、中身に違いがあったりもします。

そこでここでは、ベニエとはどのようなお菓子なのかを解説します。
同じく油で揚げて作るお菓子のドーナツやマラサダとの違いもご紹介します。

ベニエはこんなお菓子

まずは、ベニエがどのようなお菓子なのかを見ていきましょう!

フランス菓子「ベニエ」

ベニエは、フランス語で「揚げた生地」を意味します。
実際、ベニエはパン生地を油で揚げてつくる一種のペイストリーとなっています。

このペイストリーとは、穀粉にバター、ショートニングにベーキングパウダー、卵などを加えてパイ状に焼き上げる食べ物のことです。
フランスでは、メープルシロップや果物にジャム、チョコレートなどが生地の中にたっぷりと詰められているものが多いのだとか。
そして焼きあがったら、粉砂糖をまぶしてを食べるというのがスタンダードです。

特に焼く際に形状が定まっているわけではなく、地域によって様々なベニエがあります。

ベニエと「復活祭(マルディグラ)」

ベニエは、現地で「マルディグラ」と呼ばれる復活祭でよく食されます。
マルディグラとはキリスト教の伝統的祝祭の1つです。
7日間続くカーニバル(謝肉祭)の最終日である火曜日にあたります。

その復活祭で食べられる定番のお菓子がベニエなのです。
ベニエが食べられるのは、小麦粉や卵といった食材を無駄にしないためだったとされています。
また、復活祭後の節制生活に向けて栄養を蓄えるためにも食べられていたともされます。

ベニエにはいくつか種類がある

ベニエには、いくつかの種類があります。
ここからは、どのような種類があるのかを見ていきましょう。

原料でかわる種類

ベニエは、ペイストリーのタイプによって2種類に分けられます。

1つはシュー皮生地を揚げたものです。
これはイタリアのツェッポレや、ドイツのシュプリッツクーヘンに類似したものになります。

もう1つは、出芽酵母で膨らませたパン生地を揚げたものとなります。
フランスでは「ブール・ド・ベルラン」と呼ばれています。
これは丸い形をしており、ジャムか果物を詰めたドイツのドーナツ「ベルリーナー・プファンクーヘン」が語源とされています。
ちなみに、ポーランドのポンチキやポルトガルのボーラ・デ・ベルリンにも似ています。

国によって違いのあるベニエ

ベニエは、国によっても微妙な違いがあります。
例えば、ドイツの西部では果物の入ったものをベニエと呼びます。
果物が入っていないものはクラップフェンと呼ばれるそうです。

また、アメリカのメキシコ湾近くにあるニューオーリンズ発祥のクレオール料理では、四角い粉砂糖をかけた揚げ菓子をベニエと呼びます。
このベニエは、ルイジアナ名物でもありましたし、ルイジアナ州公認のドーナツでもあるのだとか。

フランスのコルシカ島では、ヨーロッパグリの粉で作った揚げ菓子をフリテッリと呼びます。
これもベニエに似ています。

ドーナツやマラサダとの違い

では、ベニエは、同じ揚げ菓子であるドーナツやマラサダとどう違うのでしょうか。

「ドーナツ」はオランダ生まれイギリス育ち

ドーナツは、小麦粉に水・砂糖・バター・卵などを加えた生地を油脂で揚げたものです。

内側は、しっとりふんわりしたケーキのような食感です。
外側は、モチモチだったりサクサクだったり、種類によって異なります。
形状はリング状が多いですが、ボール状のものなどもありますね。

このドーナツは、オランダ生まれのイギリス育ちのお菓子となっています。
原型は、オランダのオリーボーレンというお菓子にあります。
オリーボーレンは、小麦粉・砂糖・卵で作った生地を酵母で発酵させてラードで揚げたものです。

このお菓子を、イギリスで迫害を受けたプロテスタントの一派の清教徒がオランダ滞在中に覚えました。
そして、清教徒がアメリカに移住した際に作り方を広めたとされています。

ポルトガルで生まれた「マラサダ」

マラサダは、ポルトガルを代表するお菓子の1つです。
もともとは、マデイラ諸島で作られたお菓子とされています。
マラサダは、イースト菌で発酵させたパン生地を油で揚げ、グラニュー糖をまぶして作るのが定番です。

伝統的なマラサダには穴も具もないそうです。
復活祭の46日前から始まる四旬節に備えて、ラードや砂糖を使い切るために作られたのが始まりとされています。
そのため、贅沢な食材は使わなかったとされています。
しかし、近年はクリームなどの具を詰めたものが人気となっています。

また、マラサダはハワイ名物とされることがありますが、これは19世紀にハワイへ移民してきたポルトガル人がマラサダを持ち込んだからなのだとか。

まとめ

ベニエは、ドーナツやマラサダに似ている油で揚げたお菓子のひとつです。
これは、フランスで作られたものが原形とされており、現地では定番のお菓子として人気があるのだとか。

関連記事はこちら

クッキーの一種「ロシアケーキ」は、ロシアから伝わり日本で命名されたお菓子

カステラと羊羹を合体させた「シベリア」、ジブリ作品にも出てきたこのお菓子の歴史は謎だらけ

世界最古のスイーツは「セアダス」5,000年も前からあったらしい!日本最古のお菓子は?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事