黄色いお米の料理「パエリア」ってどこの国の料理?なんで黄色いの?

黄色いお米に大きなムール貝やエビなどがのり、見た目にも華やかな料理「パエリア」。
ちょっとおしゃれなレストランなどで食べられる人気の料理ですよね。

この「パエリア」がどこの国で生まれたのか、その名前の由来や黄色いお米の秘密などをここではご紹介します。

パエリアの本場は太陽の国「スペイン」

パエリアは、スペイン発祥の人気料理です。
鍋にお米や海鮮、肉や野菜を入れて豪快に炊き込む郷土料理です。

パエリアはこんな料理

パエリアは、世界的に人気のあるスペイン料理のひとつです。
一般的には、黄色く色付けされたお米の上に、ムール貝やエビ、イカにアサリなど豊富な海産物がのっている料理とされる傾向にあります。

現地では、大勢が集まったパーティーや屋外で食事をする際に出される定番の料理となっています。
また、父親が作る「男の料理」という感じの豪快な料理ともなっています。

発祥の地はスペインの「バレンシア地方」

パエリアが生まれたのはスペインの「バレンシア地方」です。
このバレンシア地方は、スペイン東部にある自治州。
州の東側は地中海に面しており、スペインの米所として知られています。

パエリアはスペインに稲作をもたらしたアラブ人たち、ムスリム(イスラム教の信者)を中心に広まった料理とされています。
レコンキスタ以前はイスラム教社会が席巻していたスペインだからこそ生まれた料理、なのかもしれません。

「パエリア」という名前は調理器具から

「パエリア」という名称は、フライパンを指すバレンシア語からきています。

スペインには、両側に取っ手があり浅いフライパンのようなパエジェーラと呼ばれる専用のパエリア鍋があります。
バレンシア地方の外にパエリアの作り方が伝わるうち、この調理器具の名前が料理の名前として広まっていったのがきっかけとされています。

使用されるスパイスの「サフラン」は超高価!

パエリアといえば最も印象的なのは、あの黄色いお米。
お米が黄色くなるのは、サフランというスパイスによるものです。

世界一高級なスパイスとされるサフラン

パエリアのご飯の黄色の元となるサフランは、秋に咲くクロッカスの一種の花。
めしべの部分がハーブやスパイスとして昔から珍重されており、旧約聖書にも記述されているほどです。

そんなサフランは、実は世界一高いスパイスと言われています。
高いものでは1gで1,600円くらいになり、ひとつまみでも160円くらいになるのです。

ちなみに、サフランと同じくスパイスの中でも、特に親しみのあるシナモンは1gでだいたい4円程度なのだとか。

なんでそんなに高価なの?

サフランは花が1年に1度しか開花しません。
しかも開花している間に人の手でひとつひとつ摘み取らなければなりません

さらに、栽培に大変手間がかかるので、価格がとても効果なのです。
日本でも栽培されていましたが、人手不足などで農家が減っていき数えられる程度の生産者しかいません。

パエリアにまつわる豆知識

ここからは、いくつかパエリアに関する豆知識をご紹介します。

本当のパエリアは山の幸を使う?

パエリアと言うとムール貝などの海の幸がのったものを真っ先に思い浮かべる方も多いかと思います。
しかし、本場バレンシア地方で作られているパエリアには、インゲン豆やウサギ肉、鶏肉、エスカルゴといった山の幸が使われています。

このバレンシア地方で作られる山の幸を用いたパエリアは、「パレンシア風パエリア」ともいいます。
バレンシア地方は、地中海に面してはいますが、実は地中海に面する東以外の三方は山に囲まれています。
そのため山の幸も豊富な地域となります。

ちなみに、バレンシア州と非常に名前のそっくりな「パレンシア県」というのが同じスペインにありますが、こちらは内陸地にある都市となります。
名前は似ていますが、地理環境は全く異なります。

「ジャンバラヤ」との違いは?

パエリアに似た料理の「ジャンバラヤ」。
見た目はパエリアに似ていますが、トマトやチリパウダーを使い、酸味の効いたスパイシーな味わいになっています。
具材には鶏肉やソーセージ、野菜なども使われます。

スパイシーな味わいからメキシコなどの料理だと思われがちですが、ジャンバラヤは「ケイジャン料理」の一種です。
このケイジャンとは、アメリカ南部にあるルイジアナ州南部に追いやられたアメリカ東部にあるアカディア地方に入植したフランス系アメリカ人の事を指す言葉でした。
現在は、料理や音楽ジャンルを指す言葉としても用いられています。

このケイジャンと呼ばれた地はは、元々スペインの植民地でした。
そのため、ジャンバラヤもまた、パエリアがアレンジされたものとされています。

まとめ

パエリアは、スペインを発祥とするお米料理。
黄色いお米の正体は「世界一高いスパイス」とされるサフランで、元々は海の幸よりも鶏肉やウサギ肉などの山の幸を使った料理だったともされます。
その名前の由来は、パエリアを作る際に用いるパエジェーラという鍋から来ているのだとか。

関連記事はこちら

おいしい「ケバブ」ってどこの国の料理?なんの肉を使っているの?シシケバブとドネルケバブの違いは?

「ムニエル」と「ソテー」、「ポワレ」といった料理の違いは何?「グリル」や「ロースト」との違いも解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事