施設で出会ったビーバーとカワウソに、種を超えた友情が芽生えました!

種は異なるものの、どちらも泳ぎが得意という共通点があるビーバーとカワウソ
見た目がかわいらしいのも同じですよね。

そんな両者が施設で出会い、友情を築いた温かいストーリーをご紹介します。

施設へやって来たビクスビーとハリー

こちらは、ビーバーの「ビクスビー」。

出典:YouTube

  
ビクスビーは建設プロジェクトにより巣穴を失い、精神的なトラウマを負ってアメリカ・オクラホマ州にある施設へやって来ました。

出典:YouTube

 
そして、この子はカワウソの「ハリー」。
同じ施設に迎えられたハリーは、ビクスビーとは異なりフィジカル面で問題を抱えていました。

少しずつ距離が近づいて友達に

同じ施設で過ごす仲間となったビクスビーとハリー。
施設のスタッフさんは、そんな両者を対面させることにしました。

出典:YouTube

  
初対面のビクスビーとハリーは、お互いに鼻と鼻を寄せ合って相手のことをじっくり観察。
ビクスビーの方は見慣れない相手にちょっぴり驚いた様子でした。

しかし、少しずつ慣れてくるとこんな光景が目撃されます。

出典:YouTube

  
一緒に泳ぐビクスビーとハリー。
共通点である得意の泳ぎでコミュニケーションを図っているみたいです。

スタッフさんによると、特にハリーの方が積極的に近づこうとしていたそうです。

出典:YouTube

  
ハリーはビクスビーの後をついてまわるだけでなく、ビクスビーの真似をしてスタッフさんの足をのぼろうとすることも。

また、ビクスビーもハリーに心を開いて、自分の巣穴にハリーを招待します。

出典:YouTube

  
彼らが友情を築いている証ですね。
また、ビクスビーが枝を運んでいるとハリーも協力します。

出典:YouTube

  
ビーバーの仕事に自分も参加したいようです。
さらにビクスビーとハリーは、遊具のトンネルで一緒に遊ぶことも。

出典:YouTube

  
種の異なるビクスビーとハリーの友情にほっこり温かい気持ちになりますね。

動画はこちら

こちらの動画でビクスビーとハリーの出会いや、友情のストーリーをご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事