「あっ、やっぱりそっちがよかった・・・」おもちゃをトレードに出したことを後悔するイヌ

子どもの頃、きょうだいや友達とおもちゃをトレードして後悔したことありませんか?
相手が楽しそうに遊んでいるのを見ると、渡したおもちゃの方がよく見えるんですよね。

アメリカ・イリノイ州で暮らすワンコたちは、ロープとボールのおもちゃをトレード。
ところがその直後、片方がわかりやすく後悔する姿が目撃されました。

おもちゃをトレードした2匹

映像の左手にいる2歳のジャーマン・シェパード「デクスター」と右手にいる子犬の「ダンテ」。
それぞれロープとボールのおもちゃで遊んでいます。

出典:YouTube

  
ロープのおもちゃはデクスターのお気に入り。
ダンテが欲しそうに近寄ってきますが、デクスターは渡すのを渋ります。

出典:YouTube

  
しかし、葛藤の末かデクスターは、ダンテのボールと自分のロープをトレードしてあげたようです。

出典:YouTube

  
ダンテは、デクスターのお気に入りのロープを夢中でカミカミしています。
そんなダンテを見つめるデクスター。

出典:YouTube

  
トレードに出したものの、どうやらお気に入りのおもちゃに未練があるようです。

デクスター「やっぱりそっちがいい」

やはりロープで遊びたかったのか、デクスターはダンテにボールを差し出し、再トレードを提案します。

出典:YouTube

  
ダンテはそれにすんなりと応じてくれました。
おかげでデクスターは、再びロープで遊ぶことができます。

出典:YouTube

  
ところが、またしてもダンテが気になるデクスター。

出典:YouTube

  
自ら希望して実現したおもちゃの再トレードでしたが、ボールを咥えて楽しそうに遊ぶダンテを見たら羨ましくなったらしく・・・

出典:YouTube

  
デクスターは、ボールをトレードに出したことを後悔したみたいです。
「あっ・・・やっぱりそっちがいい」と言わんばかりにダンテの後を追いかけます。

ワンコたちの世界でもこういうことってあるんですね~!
デクスターの心情も理解できますが、わかりやすく後悔する姿がおもしろくて笑ってしまいました。

また、終始マイペースで無邪気に遊んでいるダンテがいい味出していますね。

動画はこちら

おもちゃをトレードに出したことを後悔するデクスターの姿は、こちらの動画でご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事