たかが生花だと思うなかれ…。
@kichijirooさんの『「悔しくて仕方ない…」ある日、40本のバラの花束を無断キャンセルされて…?』を紹介します。

今回のお話は、あるお花屋さんが経験した悲しいエピソード。
この日スタッフさんは、40本の赤いバラの花束の注文を受けたようですが……?

花束を作るも、受取人が来ない……

多くの人の気持ちが蔑ろに……

残ったバラのことを考えるとツライ……

なるべく起きてほしくないですね!

40本の赤いバラの花束の注文を受けたものの、受取人が来ず泣く泣くキャンセルしたスタッフさん。
せっかく咲いたバラ、そして美しく仕上げたブーケを受け取ってもらえないとは、本当に悲しい話です。

電話注文とのことなので、おそらく料金未払いかつ無断キャンセル……最悪ですね。
どんどん枯れていくバラの花束を見つめるスタッフさんの気持ちを考えると、本当に切ない……。

こうしたことがなるべく起こらないでほしいですね。

今回は『「悔しくて仕方ない…」ある日、40本のバラの花束を無断キャンセルされて…?【お花屋さんが世間に訴えたい話】』をご紹介致しました!

(恋愛jp編集部)(イラスト/@kichijiroo)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

▶合わせて読みたい

さすがにちょっと…(笑)「なぜ花束に入れようと思った?」【お花屋さんが衝撃を受けた客の話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事