長く付き合っている彼がいると、プロポーズを期待してしまうもの。
理想のプロポーズを夢見ている方も多いのではないでしょうか。

今回は、結婚前に起きた衝撃の事件をご紹介します。

婚約した後に…

付き合っていた彼にプロポーズされ婚約した後のこと。
彼から「実は…借金があるんだ」と衝撃発言されました。

「うそでしょ、そんなのプロポーズ前に言ってよね」と心の中で思いましたが入籍予定日も決まっていたし、今さら婚約破棄なんてできないと焦りました。

恐る恐る金額を聞くと…
車のローンが残り数万円ということが分かりました。

「なんだ車のローンね、しかももう払い終わるんじゃん」と心の底から胸を撫で下ろしました。
(30代/主婦)

一度は別れたけど…

「プロポーズは一流ホテルのレストランで食事をしながら、もしくは食事後にバーでお酒を呑みながら指輪を渡されて、そんなプロポーズが夢なんだよね」って。

そう話したにもかかわらず、山奥にあるラテン的な音楽が流れるステーキ屋さんで、指輪も準備せずプロポーズしてきた旦那。

私は「こんなプロポーズは嫌だ」とその場で号泣(笑)
すると、「価値観が合わないとこの先も合わないよ、結婚はやめよう」と言う旦那。

ブチギレる私。
その日はそのまま別れました。

でも旦那から連絡が来ることはなく、三ヶ月が過ぎました。

しかし私の誕生日の前日、旦那から連絡が来て「誕生日ご飯でも食べない?」と呼び出されたのです。
誕生日当日、私の夢見たプロポーズをしてもらいました。
(30代/主婦)

指輪はまさかの…

友人と7年ほど付き合った彼の話です。

同棲期間も長かったため「そろそろ結婚を…」と思っていた彼女は、ハッキリしない彼に痺れを切らし、ある日勇気を出して彼に「プロポーズとかしてほしい」と言ったそうです。

すると彼はおもむろに台所に立ち、アルミホイルを丸めはじめたそうです。
「急に何?私がこんなに勇気を持って言ったのにスルー?」と彼女が思っていると、「はいこれ、指輪」と言ってぞんざいに渡してきたとのこと。

いやいや!別に高価な指輪買ってよとか思っているわけじゃないけどさ!
何その扱い!と、腹が立って仕方なかったそうです。

しかしその後、きちんと婚約指輪は買ってもらったそうです。
(30代/主婦)

いかがでしたか?

アルミホイルで作った指輪は、腹が立つやら悲しいやら…。
事前に理想のプロポーズを彼に話しておくといいかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「許してやるから謝りにきたら?」勘違い男に鳥肌がとまらない…【衝撃のゾッとするLINEまとめ】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事