ある日突然、事件に巻き込まれた……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”をご紹介します!

夜中に見たものは……

1人暮らしをしていた、20代のときの話です。
夜中、電気を全部消して爆睡していました。

ふと目が覚めて、部屋の入口に目をやると、知らない人の背中が……。
動いたら殺されるのではと思い、じっとしていると、ドアがバタンと閉まる音がしました。

その後、即警察へ電話をしたら、周りをパトロールしてくれました。
不法侵入だけで何も取らなかったので、ただただ気持ち悪さだけが残りました。
(33歳/女性/OL)

何が目的だったの?

ふと目が覚めたら知らない人がいるなんて、怖すぎる……。
警察がパトロールしてくれたとはいえ、しばらく不安な日々が続いてしまいそうです。

何も取られず、危害も加えられなかったのは不幸中の幸いかもしれません。
ですが、何が目的だったのが分からないため、気味が悪い事件ですね……。

以上、事件に巻き込まれた体験談でした。
次回の「警察沙汰エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<1本の電話から大事件に発展…>いつも通り夕飯を食べに行くと、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事