柵が偶然閉まって、一匹だけリビングに残った犬の優越感に浸った“ドヤ顔”が話題に!

犬と一緒に暮らしていると、いろいろな表情で楽しませてくれます。

柵が偶然閉まり、一匹だけリビングに残った犬の優越感に浸った“ドヤ顔”が話題になっています!

にじみ出る優越感

投稿されたのは、5匹の秋田犬と暮らしている飼い主の秋田犬こゆきと愉快な仲間達(@kodomo4dog5)さん。

出典:Twitter

 

柵の向こう側のリビングにいるのは、こうたろう君。勝ち誇った顔が印象的ですし、顎が少し上がっているのが優越感を増幅させています。

飼い主さんいわく、「なかなかリビングを一匹占めはないですから」とのことなので、こうたろう君も自然とこのような表情になったと思われます。

お尻が可愛い

優越感に浸ったこうたろう君の顔に対しては、「表情に余裕が感じられる」「奥の子と手前の子たちのお尻という構図が最高です」など、さまざまな声が寄せられていました。

また、「優越感もだけど、お尻が可愛いー」「プリケツ三つが可愛い」「もふもふのおしりしか見えません!」など、お尻に言及するコメントが多くみられました。

可愛い投稿が多数

飼い主さんのツイッターでは、自宅でくつろいだり、散歩したり、川で遊んだり、5匹の秋田犬たちとの日々の暮らしが投稿されています。

犬好きの方、秋田犬好きの方は、ぜひフォローして投稿をチェックしてみてください。

会社のロゴ

この記事を書いた人

FUNDO編集部

FUNDO(ファンドゥ)は、世界中から心を揺さぶる”すごい”!動画や画像を集めて独自の視点でお届けするメディアです。

FUNDO編集部の記事一覧 >

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事