出勤後“わずか10分で行方不明の女性を発見”…お手柄の警察犬に感謝状

main
出典:twitter.com

出勤後“わずか10分で行方不明の女性を発見”お手柄の警察犬に関するニュースが話題になっているのでご紹介します。


出典:twitter.com

この出来事があったのは埼玉県の中部に位置する川島町。東松山署によると、3月15日午前中、川島町の女性が寝間着姿で所在不明になっていると家族から届け出があり、捜索していたようですが夕方になっても見つからなかったため警察犬の出動を要請したといいます。

出勤からわずか10分後に発見

午後5時過ぎ、秩父第1警察犬訓練所の指導士・新井寿美さんと警察犬「アルノルト・フォム・マイネ・ヴンシュ号」(雄、11歳)が不明者の自宅から追跡調査を開始したところ、約600メートル離れた病院敷地内の物置で寝ていた女性を発見したそうです。出勤からわずか10分後の発見だったといいます。

当日は気温が低く、女性の体調も心配されていた中での迅速な発見だったとのこと。この功労に対して、東松山署は秩父第1警察犬訓練所と新井さんに感謝状を贈ったそうです。

(この件に対して寄せられていた声)

・寿命が短いんだよね、警察犬って。過酷な労働だもん。それでも頑張るのは仕事のあと人が遊んでくれるから。なんとも愛おしい。

・人間が数人で6時間近く探して手がかりなし→出動10分で発見、任務完了。凄すぎだろ…。

・お手柄です。これからも、市民のためご活躍ください。

・沢山よしよしして、美味しい物食べさせてあげて欲しいです。

・11歳か…。シェパードとしては高齢だよな…。現役を退く日も遠くないと思うけど、活躍してるね。

警察犬の凄さを改めて思い知らされますね。ワンちゃんたちが、どれだけ人間を助けてくれているか…本当に感謝してもしきれません。


出典:headlines.yahoo.co.jp


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事