球場の警備員が引退…交流を深めていたロッテ・デスパイネの粋なプレゼントに涙

main
出典:twitter.com

球場のとある警備員の方が引退…。それを伝え聞いた千葉ロッテマリーンズのデスパイネ選手が、粋なプレゼントをしたことが報じられ、話題となっています。

デスパイネ選手といえば、チームの主砲であると同時に、陽気で優しいキャラクターでチームメイトやファンから愛されています。そして、ここぞという時の一打が頼りになる助っ人。今季も主に4番を務め、チームのクライマックスシリーズ出場に貢献しました。


出典:twitter.com

そんなデスパイネ選手が交流を深めていたのが、9月28日のソフトバンク戦を最後に務めを終えた75歳になる警備員。長年、球場運営に関わっていたといいます。


出典:twitter.com

警備員の方は、小学生の頃からロッテ(当時は毎日オリオンズ)のファンだったそうです。都内でサラリーマンを定年退職後、ゆっくりと余生を楽しもうとしていたところ、新聞の求人で、ロッテ本拠地での警備業務の募集告知をみて応募したといいます。本当にロッテが好きなことが伝わってくるエピソードですよね。

帰り際、警備員に声をかけることが日課

デスパイネ選手は、警備員の方が長年ロッテのファンであることに感激。そのことがきっかけとなり、球場から帰る際に警備員の方に声をかけ、交流を深めていったそうです。

日頃からファンを大事にするデスパイネ選手。優しい表情が印象的。


出典:twitter.com

警備員を引退することを伝えた

警備員の方は、体力的な問題も考慮し9年間に及ぶ務めを終えることを決意。日頃から交流を深めていたデスパイネ選手にそのことを伝えたといいます。

その時に寂しそうな表情をしていたというデスパイネ選手。以降、警備員にサプライズでプレゼントを渡すことを考えていたといいます。プレゼントとは、試合で活躍しヒーローになり、お立ち台に上がった時にだけもらえる球団公式キャラクター・マーくんの大きなぬいぐるみ。デスパイネ選手は、そのマーくんのぬいぐるみをなんとかもらえないかと球団スタッフにお願いしたそうです。

今日、どうしても渡したい人がいるんだ。残念ながら…今、手元になくてね。なんとか、一つだけ特別に用意してくれないか。次、ヒーローになった時に返すから。

「ARIGATO(ありがとう)」のメッセージを添えて、警備員へプレゼント

デスパイネ選手の熱い気持ちに心を動かされた球団スタッフは、特別にぬいぐるみの前借りを許可。ぬいぐるみを手にしたデスパイネ選手は喜び、自身のサインと「ARIGATO(ありがとう)」のメッセージを添えて、勤務最終日の試合後、警備員へプレゼントしたそうです。

sub
出典:twitter.com

警備員の方はこう語っていたといいます。

デスパイネ選手は、本当にいつも声をかけてくれました。とても素晴らしい方だという印象をもっていました。これからは、また一人のファンとして一生懸命応援をします。

(寄せられていた声)


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

75歳で仕事をしているなんて、素晴らしいよね。いつも笑顔で、元気にあいさつをしてくれた。もう、その笑顔を見れないと思うと寂しいね…。

そう語っていたというデスパイネ選手。ヒーローにならないともらえないマーくんの大きなぬいぐるみ。球場でいつも笑顔であいさつしてくれた警備員の方は、デスパイネ選手にとってのヒーローだったのだと思います。


出典:www.chibanippo.co.jp / twitter.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事