ヤマトさんの不在票のギザギザは実は『猫耳』だった?そしてもう一つの目的が…

main 出典:Twitter@SlitAnimation

「なんだこの技術!」「すんげ〜」

ヤマトさんの不在票のギザギザがなんと『猫耳』だった!という事に気付き、その不在票のギザギザを使って、パラパラ漫画を作った動画が話題になっています!


今回、この投稿をされたのがTwitterユーザーのSlit Animation‏@SlitAnimationさん、こちらが話題のツイートです。


そして、Slit Animation‏@SlitAnimationさんが作られた、『猫耳』の動画がこちら。


ギザギザが『猫耳』だったとは、ヤマトのユーモアも素敵ですね。そして、Slit Animation‏@SlitAnimationさんが作った動画も凄いです!『猫耳』からここまでストーリーが発展するとは…。それにキャラクターの表情がとてもほのぼのさせられます。投稿したSlit Animation‏@SlitAnimationさんによるとこれはスリットアニメーション(orスキャニメーション)と呼ばれる手法で、一種のパラパラ漫画だということです。


Twitterユーザーの方々から、この動画の賛称のコメントが続々と寄せられていました。

わー、しっぽもタイヤも動いてる~

出典:Twitter@junmay8000


世の中には才能溢れる人が居るもんですね。すごいわ。まじ尊敬^^

出典:Twitter@tobasu25


そういえば佐川屋さんの不在票ってどんなんだっけ。
(どうでもいいことが急に気になる)

出典:Twitter@SlitAnimation


確かに、佐川の不在票も気になりますね。そしてこの『猫耳』、ユーモアだけでなく、「目の不自由な方への配慮(触ったら不在票だとわかる)」という目的もあるようです。健常者だけでなく、目の不自由な方にもきちんと伝わるデザインの凄さにも驚きです!クロネコさん、これからもたくさんの人に愛され続けてほしいですね。



出典:Twitter@SlitAnimation

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加