「両親を探したい」バスの下に隠れて80kmを旅した中国の2人の男の子

出典:Twitter@bbcnewsjapan


「両親を探したい」

バスの下に隠れて80kmを旅した中国の2人の男の子が、海外メディアに取り上げられるなど話題となっているのでご紹介します。


2人の男の子は、広西チワン族自治区の貧しい村に住んでいます。男の子の両親はそれぞれ広東省に働きに出ていて、一緒には暮らしていないそうです。以下は広西チワン族自治区の位置。

出典:Wikipedia

出典:Wikipedia


11月23日、2人の男の子たちが行方不明になったと担任の教師から警察に報告があり、警察が捜索していたところ、同日にバスステーションに停まっていた車両の下から警備員が見つけたといいます。

こちらの写真がその時の様子。泥だらけの2人の男の子が、バスの底にへばりついています。男の子らは8歳か9歳くらいだそうです。バスの下にいて80kmもの距離を走りつつも、2人は無事だったそうです。

出典:Twitter@bbcnewsjapan


発見した警備員は、「子供たちの体が非常に薄いため、バスの下の狭い空間に居ることができたのではないか」と語っているようです。子供たちはその後、親戚らが迎えにきて自宅へ帰っていったとのことです。

この子供たちのような「留守児童(親は働きに出て、子供たち寄宿舎に預けられる)」は、中国全土で何千万人にものぼると言い、大きな問題になっているそうです。今回の行動を起こした動機は、ただただ両親に会いたいという一心だったと思いますが、子供たちはどれほど寂しい思いをしていたのでしょうか… 想像もつきません。



出典:bbc / Wikipedia

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加