よく味が染み込んでプリプリに仕上がる!美味しい「煮卵」の作り方とは?


角煮やラーメンの付け合わせに、そしてお酒のおつまみに最高な煮卵。

しっかりと味を染み込ませ、さらにプリップリに美味しく仕上げる煮卵の作り方がTwitterで話題になっているので、今回ご紹介します!

よく味が染み込んでプリプリ!


美味しい煮卵の作り方を教えてくれたのは、東南アジア10ヵ国料理を提供するレストラン『サワディシンチャオ』のオーナーシェフ、おぐしみき(@ogushimiki)さん。

早速、その作り方をご覧ください!


いきなりゆで卵を煮汁に入れるのではなく、その前にフォークで軽く穴を開けてからフライパンで焼くと美味しく仕上がるんですね!

▼ 実際にゆで卵をフライパンで焼いている動画がこちら

出典:YouTube

このようにキューキューと鳴き出したら煮汁にドボン!と入れるようです。

いきなり鳴き出すとちょっぴりドキドキしますが、こうすることによって煮汁がよく染み込み、プリップリになるんですね。

ちなみにゆで卵は、殻と薄皮をむいてから焼くそうです。


▼ そして完成した煮卵がこちら


しっかりと煮汁の色がついていて美味しそう!なんだかヨダレが出てきますね。

<投稿に寄せられた声>


いかがでしたか?ちょっとこれは良いこと知りましたね。私も時々煮卵を作るのですが、中まで味が染みないことが多かったので、お家に帰ったら早速試してみようっと。

今回教えてくれたおぐしみきさんがオーナーシェフを務める東南アジアレストラン『サワディシンチャオ』は、大阪の心斎橋駅 1番出口から徒歩5分のところにあります。

お店では東南アジア料理教室も開催しており、今回ご紹介したような裏ワザも教えてくれます。詳しくはこちらの公式サイトをご覧くださいね。

サワディシンチャオ おぐしみきアジアンクッキングサロン – 公式サイト


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter / YouTube

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加