「モエはどこへ行ったの?」天国にいる愛犬モエから届いた手紙に感動

Letter-From-Heaven 米・バージニア州に住むウェストブルック一家、その愛犬「モエ」と3歳の男の子「ルーク」の感動の物語です。

愛犬のモエは13年間家族と共に過ごしてきましたが、4月の初めに亡くなってしまいました。まだ3歳のルークはモエの死が理解できず、「モエはどこに行ったの?」とママに聞いてきます。そこでママはルークの疑問を代筆して、天国のモエに手紙を書くことにしました。手紙のあて先は

雲の上1丁目 わんわん天国 モエ・ウェストブルック様

と書き、家のポストに投函していました。いつもはその手紙をルークが寝た後にママが回収するのですが、その日ママは手紙を回収し忘れます。

次の日の朝ポストを見てみると手紙はありませんでした。郵便屋さんが捨ててしまったか、手紙に内容を見て笑われているのかと思うとママは少し悲しい気持ちになったそうです。

しかし、2週間後、天国のモエから手紙が届いたのです!!
Letter-Heaven-21 内容はこうです

「今はわんわん天国にいるんだ。毎日いっぱい遊べて幸せだよ。親友でいてくれてありがとう。大好きだよルーク。」

シンプルな文章で返信を書いてくれたのは、実は郵便配達員の人でした。手紙を見て感動した配達員の心意気で手紙の返信を書いたそうです。

このエピソードはニュースでも取り上げられています
<動画はこちら>


きっとルークはモエからの手紙の返信に喜んだことでしょう!この感動はルークの一生の宝物になるはずです。
こころ温まる素敵なエピソードですね。当の本人でなくても、このエピソードを聞いただけで幸せな気持ちになれます!

出典:distinctionhr.com

出典:YouTube
出典:mashable.com

Letter-From-Heavenr(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加