「引退か…寂しくなるね」60年の歴史を誇る箱根登山鉄道「110号」が引退

main
出典:YouTube

「引退か…寂しくなるね」60年の歴史を誇る箱根登山鉄道「110号」が2月12日をもって引退。その終わりを惜しむ声が寄せられるなど話題となっています。


出典:twitter.com

60年もの長きにわたり、愛され続けてきた箱根登山鉄道「110号」。趣のある車両、箱根山を走る姿をもう見ることはできません。かつては運転席と客室の間に壁が設けられておらず、お客さんの声などが運転席にもよくとどくなど、利用者だけでなくスタッフにも愛されていた車両だったといいます。

WS000000_R
出典:www.hakone-tozan.co.jp

WS000004_R
出典:YouTube

2月12日は、午後1時13分初の強羅駅発 箱根湯本行きの「さよなら110号貸切電車」の運行をもって営業運転を終了。

WS000003_R
出典:YouTube

「110号」に対しては、「よく利用していたので、とても寂しいです。お疲れ様でした!」「登山電車といえばこの車両って感じなだけに引退は寂しいですね。登山電車ゆえに特殊な装備も数多くありそうですし、メンテナンスする方もとても大変だったと思います」「箱根を紹介するテレビ番組などに出てくるのは、先ずこのタイプの旧型車両。会社は良かれと思って新車を入れているのだろうけど、客はそんなものを求めてはいない。そこでしか乗れない、歴史と風情ある車両にこそ、乗る価値があるものだ」「この前、箱根湯本駅に立ち寄った際に停車しているこの車両を見かけ、雰囲気の良さと可愛さに写真におさめました。古い車両が無くなっていくのは仕方ないけど寂しいですね」など、引退を惜しむ多くの声が寄せられていました。

歴史が長ければ長いほど多くのファンの存在があり、地域の景色と一体化したかけがえのない風情があります。古きよきものの引退は、寂しいものですね。


出典:www.hakone-tozan.co.jp / www.youtube.com / twitter.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事