「もうなんでもいるな…」ヒアリ発見の神戸港で今度は有毒『アカカミアリ』が発見される!!

main
出典:wikipedia

「もうなんでもいるな…」「ヒアリの調査がなければ発見されてなかったかも」

毒を持つヒアリが発見された神戸港で、今度は有毒『アカカミアリ』が発見されて話題となっています。

6月16日、神戸港では国内で初めて、強い毒を持つ「ヒアリ」が100匹発見されました。FunDoでも毒針で何度も刺す「ヒアリ」が国内初発見…既に駆除されて女王アリや卵は未確認も「油断は禁物」等の声という記事でその件について言及しました。

そして今回、そのヒアリが発見されたのと同じコンテナヤードで、毒を持つ外来種「アカカミアリ」約100匹が見つかったといいます。


出典:twitter

約100匹がアスファルト舗装の裂け目にいたため、殺虫剤で防除。女王アリや卵は確認されていないそうです。発見された場所は、ヒアリの確認地点から東に約120mの場所で、20日に別の似たアリが見つかり処理した上で調べたところ、21日にアカカミアリと判明したそうです。


出典:twitter

アカカミアリは、ヒアリより毒性は弱いとされるものの、刺されるとショック症状を引き起こすこともあるとか…。

原産地はアメリカ南部から中南米とされ、貨物船などに紛れて世界各地に拡大。熱帯や亜熱帯地域の広範囲に定着しているそうです。国内でも小笠原諸島の硫黄島で定着しているほか、沖縄県などで確認された例があるとのこと。

立て続けに報じられた有毒アリの発見について、多くの声が寄せられていました。


出典:twitter


出典:twitter


出典:twitter


出典:twitter


出典:twitter

今回発見されているのは神戸ですが、全国の他の港には100%入り込んでいないとは言い切れませんね。

とにかく見慣れないアリがいたら、むやみやたらと手を出さないことですね!小さなお子さんのいるご家庭は特にご注意ください。


出典:wikipedia


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事