20歳の若さでこの大作!フランス人アーティストが制作した動物アートが幻想的

シマウマの縞模様が剥がれて、翼のようになっている…!なにこれ、どうなってるの~!?

この画像を見て、そう思った方が多いのではないでしょうか。実はこれ、フランス人のデジタルアーティスト、ジュリエン・タベットさんがPhotoshopで加工したアート作品。

しかもジュリエンさんはまだ20歳という若さで、この超クリエイティブな作品を制作しているのです!今回は、そんなジュリエンさんの作品をいくつかご紹介します!

チーターの模様がカラスに

きゃー!飛ばされるー!!

パラグライダー

Julien Tabetさん(@julien.tabet)がシェアした投稿 -

白鳥で暮らすシロクマやペンギンたち

トラの体内で泳ぐクジラ

海からニャンコがこんにちは

Julien Tabetさん(@julien.tabet)がシェアした投稿 -

うわぁ!大きいし、大漁!

地球の危機

いかがでしたか?どの作品もアーティスティックだから見ていて楽しいですね。

そして今回ご紹介した作品をPhotoshopでどうやって編集したんだろう~?って思ったみなさん、こちらの動画では超高速ですが編集している様子が映し出されています。ぜひ興味ある方は観てみてくださいね。

動画はこちら

Julien Tabetさん(@julien.tabet) - Instagramアカウント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Instagram(@julien.tabet) / YouTube(Photoshop Speed Edit #47 - All Responsible)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事